谷口昌良「写真少年1973-2011」展 とある写真少年の70 〜90 年代をみる

1983, New York, My Apartment Living Room in Manhattan「PHOTO-BOY 1979-1988 MY ROSE PERIOD IN AMERICA」©︎Akiyoshi Taniguchi 

1983, New York, My Apartment Living Room in Manhattan「PHOTO-BOY 1979-1988 MY ROSE PERIOD IN AMERICA」©︎Akiyoshi Taniguchi 

openstatus
  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210617日 -  20210704
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
月曜日,火曜日,水曜日
入場料
無料
この情報のお問合せ
iwao gallery
情報提供者/投稿者
開催場所
iwao gallery
住所
〒111-0051 東京都
台東区蔵前2-1-27 2F
最寄り駅
蔵前
電話番号
03-5846-9313

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

本展は「PHOTO-BOY 1973-1979」(2009 年)、「PHOTO-BOY 1979-1988 MY ROSE PERIOD IN AMERICA」(2017 年)、「PHOTO-BOY 1988-2011 Life, Photography, and Home」(2018 年)作品集〝写真少年シリーズ〟の三部作から構成された、12 年ぶりの谷口昌良の個展です。谷口の私物(当時のカメラ、雑誌、LP、写真集、スクラップブック等)も展示いたします。

蔵前・長應院に生まれ、中学生から写真を始め、高校卒業と同時に渡米。NY での写真遊学とロサンゼルスでの修行、アメリカ生活からの撤退。帰国後、結婚、寺を継いだ谷口は、写真に対する想いとどう対峙したのか。当時の写真を見返し、その写真から浮かび上がってきたものは変化していった自身の姿だった。純粋に写真に対する喜びを感じていた〝とある写真少年〟に再び向き合い、自ら紐解く。作品を通し、時代の濃厚さを含めて〝とある写真少年〟の70 〜90 年代を感じ、今の世代に何か投げかけることができるか。彼は言う。「ノスタルジーではない。パッションだ!」と。
いつしか写真少年は写真坊主に……

谷口昌良(たにぐちあきよし)
[空蓮房房主 僧侶 写真家]
1960 年東京・蔵前に生まれる。中学生から写真を始め、高校卒業と同時に渡米。1979 年- 83 年、ニューヨークにてLeoRubinfien に師事。1984-88 年、ロサンゼルスにて浄土宗開教使に就く。現在、長應院の住職でもあり、寺院内に空蓮房(写真ギャラリー)を建立した。写真家・畠山直哉との共著者に『仏教と写真』がある。

関連イベント

期間中、『写真少年』三部作ほか書籍の特別販売も行います。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。