ACT企画グループ展「CROSS POINT-留学生作家 交流展-」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210615日 -  20210627
開催時間
11時00分 - 19時00分
※最終日は17:00まで
※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます。
休み
月曜日
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
The Artcomplex Center of Tokyo
住所
〒160-0015 東京都
新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター 2F
最寄り駅
信濃町
電話番号
03-3341-3253

詳細

展覧会内容

ACT企画グループ展「CROSS POINT-留学生作家 交流展-」

The Artcomplex Center of Tokyo(ACT)は、「アーティストサポート」をギャラリーコンセプトとして若手アーティストの活動支援や、留学生アーティストと日本人を繋ぐ展覧会を行い、日本のアートシーンに紹介する活動を行っております。2016年より日本人作家と主にアジア圏の留学生作家の交流展を定期的に企画して参りました。
本年からは絵画、版画、写真、立体など、作品のマテリアルに捉われず幅広く作家を紹介いたします。

この展覧会を通じて、日本や各国の感性に触れ合い、留学生アーティストと日本人が交流し、友好を深めることを目的としています。 作家が歩んできた道と他者が歩んできた道が出会い、刺激し合い、またそれぞれの道を進んで行く、そんな発展のきっかけとなる展覧会を開催いたします。ぜひご高覧ください。

■ 会期
2021/6/15(火)-6/27(日)
11:00-19:00 ※月曜休館、最終日は17:00まで
※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます。

■ 会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■ 入場料 無料

■ webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT215/cross_point.html

■ ACTオンラインショップ
http://gallerycomplex.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2608702&csid=0
こちらより作品のご購入をいただけます

■ 出展作家
カツ・イコウ / GE WEIHENG
郭宇辰 / カク・ウシン / Guo yuchen
河明求 / ハ・ミョング / HA MYOUNGGOO
李知恩 / イ・ジウン / Jeunne Lee
王夢宇 / オウ・ムウウ / WANG MENGYU
曹士雅 / ソウ・シガ / xika Cao
朱文怡 / シュ・ブンイ / ZHU WENYI

■ 作家紹介
カツ・イコウ / GE WEIHENG
https://www.instagram.com/geweiheng/
出身国:中国

Made In Aura
「ある夏の真昼、地平によこたわる山脈だとか、ひとの上に影を投げてくる木の枝だとかを、瞬間ないし時間がそれらの現象にかかわってくるまで、眼で追ってゆくことーーこのことが、この山脈なり木の枝なりのアウラを、呼吸することなのだ。」
ヴァルター・ベンヤミン

私はいつも時が流れる最後に、指でゆっくりと回りの物事に触れることを幻想する。
その時、呼吸までも止まるようである。
その時、光が毛穴を通して、繊細な血管を映すのを見る。
その時、私は自分に教えて、ゆっくりして、もっとゆっくりして、世界を目の中に出来るだけ逗留させ、残された時間に物事自身が発散する光を凝視する。
ある日に私達は万物有霊を信じて、私達が間もなくその中に参与するためだと思う。

1997年 中国に生まれる
2019年 中国魯迅美術学院 写真学科 卒業 
2020年 日本大学芸術学部大学院 映像芸術専攻 入学 

=====

郭宇辰 / カク・ウシン / Guo yuchen
出身国:中国

人間は物を見て世界を理解している。だが人には見える世界はあくまでも本物の一部にすぎない。
だから見えるものによる世界の真実を考える「形而上学」の思想が生まれる。
今回の作品は、もの自体を表現するではなく物自体を示すようなものを表現すること。

中国出身、現在東京造形大学学部4年在読。

=====

河明求 / ハ・ミョング / HA MYOUNGGOO
http://www.instagram.com/ha_myounggoo
出身国:韓国

現在、韓国と日本の持つ土地の記憶をドッケビ(日本での鬼のような存在)という
モチーフで繋げてゆくといった作品制作を展開しています。また、作家が社会における
立ち位置を模索する活動の一環として国際アーティストインレジデンスプログラムを実現するなど、
現在、日韓交流のために様々な活動も行っています。

日本と韓国に拠点を置いて国際的な活動を広げている韓国出身のアーティストです。
主な作品は神話、昔話などから得たインスピレーションを基に今の時代を風刺的な表現した
「ドッケビシリーズ」があり、日本埼玉県朝霞市の公式マスコット制作、スポーツ用品会社「フタバスポーツ」との
コラボなど社会的な実績も認められています。

主な個展
2017 年 河明求 個展「Message hidden in humor」@Azabujuban gallery / 東京
2018 年 河明求 個展「Message hidden in humor」@JISO gallery / 韓国
2019 年 河明求 招待展 @ロッテデーパト本展・アビニュエル全館 / 韓国
2019 年 河明求 個展「幻の神社」@Gallery Nayuta / 東京
2020 年 河明求 個展「輝かしい神ドケビ」@BON gallery / 韓国

主なプロジェクト
2017 年 埼玉県朝霞市公式キャラクター「ぽぽたん」制作(原作者) @朝霞市役所 / 埼玉
2017 年 / 2015 年 Futaba Sports オリジナルイラスト制作 @Futaba Sports本店 / 埼玉
2018 年   駐日韓国大使館韓国文化院 特別協力展示「 Made in MARUNUMA 朝霞-8作家の出会い 」コーディネーター @駐日韓国大使館韓国文化院 / 東京
2020 年 / 2019 年 / 2018 年 / 2017 年 / 2016 年  工芸トレンドフェア「丸沼芸術の森ブースコーディネーター」@COEX / 韓国
2021 年 / 2020 年 / 2018 年 BAMA @BEXCO / 韓国

=====

李知恩 / イ・ジウン / Jeunne Lee
jeunnelee.com
出身国:韓国

「目目ドレス」はルッキズムという風潮の中、目に見えるものと見えないものを探求し、歪んだ内面に対し観覧者が
向き合えるように案内する。 女らしさと美しさを象徴するペチコートの上に変形され、奇怪な装飾がべたべた付いている。
純粋な美しさより好戦的である。女性に対する視線の抑圧、統制できない美しさの追求という今の時代における
真の肖像を告発し隠すことなく真実を表している。「目目ドレス」は抑圧された女性のアイデンティティにスポットを当て、
女性像の男性凝視(gaze)対象化の脱皮を図る。

1994年韓国、ソウル生まれ。
2018年ソウルの国民大学美術学部彫刻科卒業後、東京藝術大学美術研究科グローバルアートプラクティス専攻修士課程へ進学、
2021年に修了。彼女のアートは実験的で、一人の女性として経験した社会問題をドローイング、ビデオ、彫刻から
インスタレーションに至るまでの様々な方法を使用して表現している。

2021 2 第69回 東京藝術大学 卒業・修了作品展 参加
2019 3 Strange Neighbors 展 企画・参加 (Art Park, ソウル)
2019 1 Transcending Borders 展 参加 (Window Gallery One, Central Saint Martins, ロンドン)
2018 10 越境するGAP 展 参加 (Chinretsukan Museum, 東京)
2018 9 Re:mind the GAP 展 参加 (HART Haus, 香港)
2018 1 Montly Art 2018年1月号特集「全国美術大学卒業作品100」国民大學校代表
2017 11 国民大學校 卒業展示会「散乱する 展」参加
2016 6 国民大學校 野外彫刻「丸く丸く 展」垂れ幕デザイン
2016 6 国民大學校 野外彫刻「丸く丸く 展」参加
2011 2 ソウル特別市 「美術英才展」参加 (淸凉高等學校)

=====

王夢宇 / オウ・ムウウ / WANG MENGYU
http://www.instagram.com/oumuu_work
出身国:中国

広告写真は、消費者を満足させるために消費欲望をかきたて、それによって購買を完成させるために存在する。
ファストファッションブランドが急成長する時代に、私達が安価な商品を楽しんでいる間に、森林や海は間接的に汚染を受け入れている。
最近、沢山のファストファッションブランドが環境主義の広告語を打出している。古着のリサイクルを呼びかけながら、新しい服を購入するよう誘導する。
この矛盾が、ファッション写真を困惑させている。消費主義と環境保護主義は同じブランドの中で共存できるかどうか、
ファション写真を通して、このバランスを探求したい。

1997年中国湖北省武漢市に生まれる
2019年浙江省メディア学院 写真学科卒業
2020年日本大学芸術学部映像芸術専攻入学

展示歴、活動歴
2016年 浙江省大学生写真賞 受賞/中国/杭州
2017年 上海崇明島アーティストの駐在プロジェクト 入選/中国/上海
2018年 中国写真芸術展覧会 入選/中国

=====

曹士雅 / ソウ・シガ / xika.Cao
http://www.instagram.com/xika.cao
出身国:中国

この時代における「存在の耐えられない軽さ」を意味にした「現代ニヒリズム」と対抗する必要があると考えている。
その中、意識の一瞬一瞬において幸せを見出す方法を探すというのが私たちにできる唯一なことだと気づいた。

1993年4月12日生まれ
2011~2015:武漢理工大学 日本語専攻
2013~2014:東北大学(交換留学) 哲学専攻
2015~2018:阿佐ヶ谷美術専門学校 絵画表現専攻
2017~2018:フランス国立高等装飾美術学校・National School Superieure Des Arts Decoratifs - University Psl) (交換留学)
2018~2021:阿佐ヶ谷美術専門学校・留学生担当
2021~:多摩美術大学・大学院 油絵専攻

展示歴、活動歴
2019年 CRAWL企画 グループ展「BOOKS」@gallery DAZZLE/東京
2019年 オープンキャンパス優秀作品展「Tut-Tut」@フランス国立高等装飾美術学校/フランス
2018年 阿佐ヶ谷美術専門学校研究科グループ展「NOISE TOKYO」@人形町ヴィジョンズ/東京
2018年 杉並区主催 グループ展「結」@杉並区産業商工会館/東京
2017年 阿佐ヶ谷美術専門学校絵画科グループ展「エウレカ」@人形町ヴィジョンズ/東京
2017年 阿佐ヶ谷美術専門学校絵画科グループ展「ゆめ」@喫茶[ε]/東京
2016年 CRAWL企画 グループ展「島」@目黒区民ギャラリー/東京
2015年 CRAWL企画 グループ展「白昼夢」@目黒区民ギャラリー/東京

=====

朱文怡 / シュ・ブンイ / ZHU WENYI
出身国:中国

コロナの影響で登校できぬようになって、手入れやすい突板を用いて作品を作るのはこの研究の一つの発想であった。
突板の「薄さ」という特性を利用して、「木の魅力」を現せます。

「包容」突板の美しく柔らかい曲線より形成させた空間は、微かな静穏さを生み出す。

1996年  中国に生まれる
2020年  京都精華大学 デザイン学部 建築学科 卒業
2020年  東京芸術大学 研究生 
2021年  東京芸術大学 工芸科・木工芸・修士1年 

展示歴、活動歴
2018年  京都精華大学デザイン学部 建築学科 作品選抜展 COCON烏丸
2020年  京都精華大学デザイン学部 建築学科 卒業展 
     「2019年度卒業制作 インテリア賞」

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。