花田和治の世界「自然と対話する」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210417日 -  20210718
開催時間
10時00分 - 17時00分
※6月末までは11時00分の開館となります。
※入館は閉館30分前まで
※新型コロナウイルス感染症拡大状況により開館時間が変更になる場合があります。
休み
月曜日
祝日の場合は翌日休み
入場料
有料
入館料:一般1200円、高大生・65歳以上900円、小中生600円
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
軽井沢ニューアートミュージアム
情報提供者/投稿者
開催場所
軽井沢ニューアートミュージアム
住所
〒389-0102 長野県
北佐久郡軽井沢町1151-5
最寄り駅
軽井沢
電話番号
0267-46-8691

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

軽井沢ニューアートミュージアムが独自の視点で今、注目すべき作家をクローズアップする企画展シリーズ「今、世界で評価され続けているアジア人作家」より、引き続き北海道を拠点に独自の抽象表現を確立した作家・花田和治(1946-2017)を紹介します。 花田和治は1946年に北海道札幌市に生まれました。65年に東京藝術大学に入学し小磯良平(1903-1988)に師事、油彩画を学びます。71年に同大学大学院を修了した後74年に札幌に戻り、その後2017年に没するまで北海道で制作を続けました。在学中から図形的な絵画を試みていた花田は帰郷後、明るい色面を方形で構成する絵画を手掛け、やがて北海道の自然や自身の日常をテーマにその本質をシンプルな形態に抽象化する表現を生み出しました。晩年には物語を連想させるような描写へと変化し、ユーモラスで叙情豊かな作品を残しました。 「花田和治の世界」展(2020年11月14日~2021年3月28日)の続編として、前回紹介しきれなかった未公開作品を加え、花田作品の創造性をより深く掘り下げて展示いたします。 作家が実際の風景を見てどのように作品を制作していったのか、制作にかける思いや考え方、過程、興味をもった様々なモチーフ。今回の展示ではそれらをデッサンや写真などと併せて展示します。 どうぞご高覧ください。

○特別企画 花田和治作品を味わおう! 期間限定で花田和治「母の列車」(2005)をモチーフにしたデザートを、付設のレストラン・カフェで お楽しみいただけます。この機会にぜひどうぞ。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。