美の世界を拓く 千住博

美の世界を拓く 千住博
openstatus
あと76日後に終了
タグ
  • 印刷する
  • add calendar
  • clip-off
会 期
20210403日 -  20210724
開催時間
9時30分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日
5月4日は開館、5月7日休館
入場料
有料
一般・シニア1000円、学生(小中高大生)500円(団体20名以上は2割引き)
※高梁市内在住の小中生入館無料(学校休業日のみ) ※身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方お1人まで無料(証明をご提示下さい)
作品の販売有無
展示のみ
子連れ
この情報のお問合せ
高梁市成羽美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
高梁市成羽美術館
住所
〒716-0111 岡山県
高梁市成羽町下原1068-3
最寄り駅
備中高梁
電話番号
0866-42-4455

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

開創1200年を迎えた世界遺産 高野山金剛峯寺に襖絵を奉納した画家 千住博の展覧会を開催します。
1995年、第46回ヴェネツィア・ビエンナーレで東洋人初の名誉賞を受賞し、常に日本画の新しい領域を開拓するなど、国内外で目覚ましい活躍を続ける千住博の初期作品から近作までを一堂に展観します。
安藤忠雄設計による高梁市成羽美術館の建築空間の中で、代表作《ウォーターフォール》をはじめとする数々の千住作品が織りなす新たな美の世界をお楽しみください。

関連イベント

千住博展関連イベントへのご参加は、すべて【事前予約制】とさせていただきます。
下記の「イベント参加予約について」をご確認のうえご応募ください。

■記念講演会「千住博と私-高野山金剛峯寺襖絵を中心として」
 【日時】4月18日(日) 13:30~15:00
 【場所】隣接のたいこまるプラザ「伊藤記念ホール」
 【講師】山下裕二氏(美術評論家・明治学院大学文学部芸術学科教授)
 【定員】100名程度
 【参加費】無料 ※要入館券
 【応募締切】4月3日(土)当日消印有効

■ミュージアム・コンサート
 【日時】5月16日(日) 11:00~11:40
 【場所】美術館 多目的展示室
 【演奏】佐藤美由樹(筝)、大倉理佐(ヴァイオリン)
 【定員】30名程度(椅子席予約)
 【参加費】無料 ※要入館券
 【応募締切】4月26日(月)当日消印有効

■ワークショップ「ウォーターフォールに倣う」ウォーターフォール(滝)を描いてみよう!
 【日時】6月6日(日) 13:00~15:30
 【場所】美術館 レクチャールーム
 【講師】森山知己氏(日本画家・倉敷芸術科学大学副学長)
 【定員】12名
 【受講料】500円 ※要入館券
 【応募締切】5月25日(火)当日消印有効

■みるみるアート探検隊
 千住博展から建築の魅力まで…成羽美術館をまるごと楽しむ参加型鑑賞ツアー
 【日時】7月4日(日) 13:30~15:30
 【場所】高梁市成羽美術館 全館
 【ナビゲーター】建築家のしごと実行委員会、「みるを楽しむ!アートナビ岡山」のみなさん
 【定員】20名
 【参加費】無料 ※要入館券
 【応募締切】6月22日(火)当日消印有効

主催・協賛・後援

主催:高梁市成羽美術館
協賛:株式会社カイタックエンタープライズ、吉備システム株式会社
後援:後援
岡山県、高梁市教育委員会、公益社団法人岡山県文化連盟、公益財団法人岡山県郷土文化財団、山陽新聞社、読売新聞岡山支局、朝日新聞岡山総局、毎日新聞岡山支局、RSK山陽放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、OHK岡山放送、KSB瀬戸内海放送、株式会社吉備ケーブルテレビ、FM岡山、FMくらしき、レディオモモ、エフエムふくやま
特別協力:軽井沢千住博美術館
協力:アート・コンサルティング・ファーム

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。