マグカップだけのうつわ展

  • 印刷する
会 期
20111112日 -  20111127
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
17(木)・24(木)は展示換えのため休廊
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
Tel. 086-201-8884
情報提供者/投稿者
開催場所
アートスペース油亀
住所
〒700-0812 岡山県
岡山市北区出石町2丁目3-1
最寄り駅
岡山
電話番号
086-201-8884

詳細

展覧会内容

北海道から九州まで。
全国各地の陶芸家が考えるマグカップがずらり約300点!すべて展示販売いたします。
「とってが付いて、たっぷり飲める。」この2つのルールの中に、作家の個性が光ります。
備前焼、唐津焼、小代焼、染付、粉引、刷毛目、焼締め、掻き落としなどなど、多彩な作家が自慢のマグカップを焼き上げます。
期間中は毎日、陶芸家のマグカップでスリランカ産のフレーバーティを楽しめる「カフェ・デ・マグカップ」を開催。
毎日使いたくなるような、お気に入りの一品に出会ってください。

[作品点数]
約300点 会期中には作品の展示替えもございます。

[展覧会コンセプト]
朝・昼・晩、時にはおやつに。
365日、年中無休といってもいいくらい、毎日の食卓に欠かせない、必須アイテム「マグカップ」。

しかししかし。
他の国では、「マグカップ」とは呼んではおりません。
そう、「マグカップ」は和製英語。
日本でだけ使われている言葉。
英語だと、ただ単に「mug:マグ」と言うのです。

では何故、日本では「mug」と「cup」をくっつけたのでしょうか?
そんなささいな疑問から、この展覧会は企画されました。

そう。
マグではないんだ。「マグカップ」なんだ。
「マグカップ」は日本だけにしか存在しないんだ!
このうつわは、日本人のためにあるんだ。

この秋、油亀はお届けします。単なるマグではない、「マグカップ」を!
全国気鋭の陶芸家が生み出した「マグカップ」を!!

千種万様、百花繚乱。11月12日(土)、二度とはみれない「マグカップ」の競演が始まります。
訪れるすべての人は、目撃者。
「マグカップ」のゆくすえを、その瞳に焼きつけて!

関連情報

[会期中のイベント]

「カフェ・デ・マグカップ」
会期中は毎日。11:00〜19:00まで 
一杯500円(お茶菓子つき) ※陶芸家のうつわでお楽しみいただけます。

油亀の奥のお座敷が特設カフェに様変わり。

マグカップで、美味しいフレーバーティーを飲もうよ!

紅茶といえば、スリランカ。
この地で創業した、ムレスナ社を知っていますか?

ムレスナ社の紅茶は、渋味や苦味がなく軽やかな味わいで、大人気。
特におすすめは、フレーバーティー!
天然素材を生かしたかぐわしい香りが、なんといえません。
その香りがミルクと一つになると、ああ、美味なり。

作家お手製のマグカップで、楽しい紅茶の時間をお過ごしください。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。