企画展「unico file vol.3 みんなが知らない土屋康一 /わたしが知ってる土屋さん」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210130日 -  20210328
開催時間
10時00分 - 18時00分
休み
火曜日
入場料
有料
一般500円、65歳以上250円
高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料
展覧会の撮影

一部の作品を除き可能 フラッシュ撮影はご遠慮ください。
作品の販売有無
展示のみ
子連れ
この情報のお問合せ
はじまりの美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
はじまりの美術館
住所
〒969-3122 福島県
耶麻郡猪苗代町新町4873
最寄り駅
猪苗代
電話番号
0242-62-3454

詳細

展覧会内容

誰かのことを伝えたいとき、どう伝えたら、その人のことを知ってもらえるでしょうか。
なにを知れたら、その人のことを「知っている」と言えるでしょうか。

はじまりの美術館で誰かの表現を紹介するときに、まず思うのは「この人のことを知ってほしい」ということです。誰かと誰かが出会う、その一つの入り口として、作品と呼ばれるものや、表現と呼ばれるものがあるように感じています。また作品や表現は、様々な関係ややりとりのなかで生まれてきたものでもあると考えます。

本展でご紹介するのは、福島県郡山市で暮らす土屋康一さんです。土屋さんは、はじまりの美術館の運営母体である安積愛育園の事業所「地域生活サポートセンターパッソ」に通っています。パッソが開所した 2004 年からのメンバーで、安積愛育園の創作活動支援プロジェクト「ウーニコ」の作家の一人です。カラフルに色面が分割された「はっぱ」や「はな」と呼ばれる作品のシリーズが代表作です。

この展覧会では、土屋さんの作品をはじめ、スケッチブック、身近な方の言葉、手紙、映像などを通して、様々な“土屋さん”をご紹介します。今日、あなたはどんな土屋さんと出会い、知るのでしょうか。

土屋康一(つちや こういち)(45 歳)
1975 年 栃木県生まれ、福島県郡山市在住。
地域生活サポートセンターパッソに通所し、絵を描くことを始め様々な活動を行なっている。土屋の代表的な作品は、「はっぱ」と題される串に団子が刺さったような形状の作品群と、「はな」と題される画面全体を複数色で塗り分ける作品群に大別される。その他にも「おすし」などの具体物や人物、バス運行に関する記録メモをとることもある。「はっぱ」「はな」双方とも鮮やかな色彩が共通しており、植物の生命力を想起させる。

【みどころ】
個展初開催! 福島県郡山市在住の土屋康一さんの多様な表現に迫ります
様々な画材を用いて色鮮やかに「はっぱ」や「はな」などの植物をはじめとする、自身の好きなものや気になるものを表現する土屋。主に画用紙での絵画作品や、スケッチブックやノートへ想いをつづります。繊細な表現から、ダイナミックな表現まで。震災やコロナ禍と重なる、主に 2004 年ごろから 2020年ごろに生まれた土屋の多様な表現をご紹介します。

「知ること」「伝えること」をテーマにした展覧会
本展では、土屋の作品にとどまらず、周囲の人の証言や、制作風景の映像などを通して、作品だけでは伺いしれない、「土屋康一」に迫ります。誰かを知り、お互いを知り合うこと。そしてその人を理解すること。ふだんの生活の中で何気なく行っている、「相手を知る」とはどういうことなのか、改めて考えます。本展は、私たちが知ってほしい「土屋康一」を沢山の人に伝えようとする試みでもあります。

来場者と作者の「手紙」でやりとりする企画「土屋さんとペンフレンド」
土屋は、作品の制作以外にも、その時々の心の動きを文字としても多く残しています。口にできない想いを手紙に書き、周囲の人へ手渡したりしています。本展ではそんな土屋から、来場者へ向け手紙が届きます。会場では、土屋へ宛てた返事を書くことができるようになっており、それにまた土屋が返事を書きます。美術館を舞台に繰り広げられる往復書簡に、ぜひご参加ください。

アートライフブランド「HERALBONY」とのコラボレーション
いま、各方面から注目を集めるアートライフブランド「HERALBONY」。彼らが展開する様々なプロダクトのデザインとして、土屋の代表作《無題(葉っぱ)》は初期から展開されています。本展では土屋が 2012年に制作した《祈願》をターポリンに大きく印刷し、はじまりの美術館の外壁に展示します。このターポリンは展覧会終了後、この企画限定の新たなグッズとして生まれ変わります!
また、土屋作品をデザイン化したアイテムを中心に、「HERALBONY」のミニポップアップショップがはじまりの美術館オハコカフェに現れます。

関連イベント

■ギャラリートーク
2021 年 1 月 30 日(土)、2 月 23 日(火・祝) いずれも 13:00~14:00
※事前申し込み不要・参加費無料(定員:5 名程度・要展覧会観覧料)
はじまりの美術館スタッフが、展覧会の見どころや土屋さんの魅力についてお話させていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大により、作者の滞在は中止になりました。
ZOOM で作者と会場を中継でつなぐことを計画しております。

■土屋さんとペンフレンド
2021 年 1 月 30 日(土)~3 月 28 日(日)
※開館中随時開催・参加費無料(要展覧会観覧料)
会期中、土屋康一さんから来場者の方へ向けた手紙や新作がはじまりの美術館に届きます。
それらを見たり読んだりして、ぜひ土屋さんへお返事を書いてみてください。それを読んだ土屋さんからお返事があるかもしれません。
※手紙のやりとりは会期中、はじまりの美術館や SNS 等でご紹介させていただきます。

■図解!?土屋康一(常設ワークショップ)
2021 年 1 月 30 日~3 月 28 日
※開館中随時開催・参加費無料(要展覧会観覧料)
あなたが知ったり感じたりした土屋康一さんを絵や言葉で表現して、みんなで土屋さんを研究しよう!

■コラボレーション 土屋康一×HERALBONY
異彩を、放て。を掲げるアートライフブランド「HERALBONY」。土屋康一さんの作品が落とし込まれたプロダクトの数々がはじまりの美術館 ohaco cafe に集結します。また、はじまりの美術館の外壁に土屋さんの作品を大きく印刷したターポリンが掲出されます。会期終了後、アップサイクルグッズとして販売予定です。

主催・協賛・後援

主催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館、unico
後援:福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、あさかホスピタルグループ
令和2年度福島県障がい者芸術文化活動支援センター事業

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。