挑む浮世絵 国芳から芳年へ

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210206日 -  20210321
開催時間
10時00分 - 18時00分
金曜日のみ10時00分 - 20時00分まで
※入館は閉館30分前まで
休み
月曜日、祝日の翌日
*会期中の休館日:2/8・12・15・22・24、3/1・8・15
入場料
有料
・一般600(500)円 ・大高生300(250)円
*(  )内は、20名以上の団体割引料金
 *身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
高崎市タワー美術館 青木 忍
〒370-0841 群馬県高崎市栄町3-23
TEL 027-330-3773/FAX 027-321-7277
Mail tower-museum@city.takasaki.gunma.jp
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
高崎市タワー美術館
住所
〒370-0841 群馬県
高崎市栄町3番23号 高崎タワー21
最寄り駅
高崎
電話番号
027-330-3773

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

武者絵で人気を博した歌川国芳は、歴史画、説話画など多彩な画題を手がけ、大判錦絵を3枚並べたパノラマ画面を活かして、豊かな表現力で臨場感溢れるダイナミックな浮世絵を展開しました。また、国芳門下の筆頭である月岡芳年は、高度な描写力による残虐絵や美人画で再評価され、「最後の浮世絵師」とも呼ばれています。
本展覧会は、優れた浮世絵コレクションで知られる名古屋市博物館の所蔵作品から、江戸時代後期に浮世絵界を活性化させた歌川国芳と、その弟子である月岡芳年、落合芳幾らの作品約150点を展観し、人々を魅了する新たな画題と表現に挑み続けた柔軟な発想力をお楽しみいただきます。

主催・協賛・後援

主催
高崎市タワー美術館、東京新聞

企画協力
名古屋市博物館

協賛
野崎印刷紙業

後援
上毛新聞社、NHK前橋放送局、群馬テレビ、J:COM群馬、FM GUNMA、ラジオ高崎

新型コロナウイルス感染症予防対策

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、入館に際しましては、以下のご協力をお願い致します。
高齢者や基礎疾患のある方は、来館を慎重に判断していただくようお願いいたします。
・健康状態申告書の記入、提出をお願いしております。
【健康状態申告書(https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014021900025/files/sinnkoku.pdf)は受付でお書きいただけますが、こちらからプリントし、記入してお持ちいただけるとよりスムーズです。】
・検温、手指消毒にご協力ください。
・美術館内では、マスク等の着用をお願いします。
・発熱(37.5℃以上)や咳・咽頭痛などの症状のある方、体調に不安のある方は入館をご遠慮ください。
・入場制限を行うことがありますので、ご承知おきください。
・10名以上のグループでの入館は、人数と時間を調整させていただきます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。