石井厚生 展  ISHII Atsuo -花とヒコーキと…-

井厚生  ISHII Atsuo 「時空・266 –風のまにまに-」 1983-2020 レンガ、モルタル、トラバーチン  113.0x60.0x136.5(h) cm

井厚生 ISHII Atsuo 「時空・266 –風のまにまに-」 1983-2020 レンガ、モルタル、トラバーチン 113.0x60.0x136.5(h) cm

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20210112日 -  20210130
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    日曜日
    クリエイター在廊
    入場料
    無料
    展覧会の撮影

    ご撮影の際は作家もしくはギャラリー担当者に一声かけていただけると幸いです。
    子連れ
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ
    〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    Tel. 03-3562-1305 
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    石井厚生(b.1940)は、多摩美術大学で日本抽象彫刻のパイオニアである建畠覚造(1919-2006)の薫陶を受け、大学卒業後から行動美術展などを中心に国内外で発表。パブリックアートの仕事も数多く手掛け、日本を代表する彫刻家に贈られる中原悌二郎賞優秀賞(1992)、本郷新賞(2005)受賞するなど活躍しました。さらに2009年には三重県立美術館 柳原義達記念館での個展を開催し現在も精力的に制作を続けています。

    初期の金属作品や'80年代の石彫を経て、2000年代からは赤レンガを素材とした作品を発表。美術批評家ハーバート・リードの著書『近代彫刻史』を裁断して混入したモルタルで赤レンガを接着し、円環、円盤、壺などを形成するなど常に彫刻の根源を追い求めてきた石井の強い意志が感じ取れます。
    今回はギャルリー東京ユマニテにて初めての個展となり、以前より親しんできたトラバーチン(石灰華)や赤レンガを組み合わせた自由でユーモアあふれる作品が発表されます。常に素材と向き合い、真摯に彫刻を表現してきた石井の新作を是非ご高覧下さい。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。