岩崎家のお雛さま

「立雛」 江戸時代後期(18~19世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】

「立雛」 江戸時代後期(18~19世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期】

openstatus
あと31日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20210220日 -  20210328
    開催時間
    10時00分 - 16時30分
    入館は閉館の30 分前まで
    休み
    月曜日
    入場料
    有料
    一般1,000円、大高生及び障害者手帖をお持ちの方(同伴者1名を含む)700円、中学生以下無料 ※20名以上の団体、200円割引
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    03-5777-8600(ハローダイヤル) 英語版も共通
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    静嘉堂文庫美術館
    住所
    〒157-0076 東京都
    世田谷区岡本2-23-1
    最寄り駅
    二子玉川
    電話番号
    03-5777-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

     3月3日は桃の節句。かわいらしい人形や小さな道具を飾り楽しむ「雛祭り」の風習は、江戸時代に広まり、現代まで連綿と続いています。
     三菱第四代社長・岩﨑小彌太(1879~1945)が孝子夫人(1888~1975)のために誂えた雛人形は、京都の人形司・丸平大木人形店によるものです。内裏雛は、白くつややかで丸い顔が愛らしい幼児の姿をしています。岩﨑家の替紋である花菱文が各所にあしらわれた雛道具は精緻に作られ、段飾りに花を添えたことでしょう。これら贅を尽くした岩﨑家の雛人形・雛道具は当時の技術の粋を集めた、貴重な美術工芸品といえます。
     このほか、本展では、春を愛でる絵画・工芸品も合わせて展示します。日本画家・前田青邨(1885~1977)に絵の手ほどきを受けた小彌太が描いた絵画や蒐集した名品、静嘉堂の庭園で花開く梅もお楽しみください。そして、春爛漫の本展は、丸の内・明治生命館への展示ギャラリー移転に向けた、現在の地で開催するセカンドラスト(最後から2番目)の展覧会です。

    [見どころ ]
    雛祭りのはじまり
     「節句」は「節供」とも書かれ、季節の節目となる「節日」やその日に供える「供御」(飲食物の意)を意味しました。後に人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)を「五節供(五節句)」と称し、江戸時代になると「五節供」は式日と定められました。
     3月3日の上巳の節句には、男雛女雛のお内裏さまや三人官女などの人形を飾ります。これは、古来、神事に穢れを移した「形代」や平安貴族の子供たちの「ひいな遊び」(ままごとのこと)を起源とします。江戸時代にはお雛さまを飾る風習が定着しますが、初期の雛人形は「立雛」のような質素な紙製で、段飾りもありませんでした。

    岩﨑家のお雛さま―近代の雛人形の白眉
     岩﨑家雛人形は、三菱第四代社長・岩﨑小彌太が孝子夫人のために京都の人形司・丸平大木人形店に依頼し、誂えたものです。「丸平」は谷崎潤一郎の小説『細雪』にもその名が登場する、歴史ある名店で、当主は代々「大木平藏」を襲名します。岩﨑家雛人形の内裏雛は、まん丸いお顔が愛らしい幼児の姿(稚児雛)で作られています。その頭は名人・十二世面屋庄次郎(通称「面庄」)によるもので、岩﨑家雛人形は当時の技術の高さを示す貴重な美術工芸品といえます。
     これらの雛人形は、雛祭りの折、東京・麻布の鳥居坂本邸に飾られ、邸宅を訪れた人々をさぞかし楽しませたことでしょう。小彌太が詠んだ俳句「老の眼を細めて見るや雛祭り」からは、雛祭りの様子をほほえましく眺める小彌太の姿が偲ばれます。
     なお、岩﨑家雛人形は2018年、桐村喜世美氏により当館に寄贈されました。

    美術で感じる春の訪れ
     桃の節句にふさわしく、「春」にまつわる花木や風景をモチーフにした作品も展示します。岩﨑小彌太ゆかりの優品を中心に、春を愛でるにふさわしい江戸美術、近代絵画などをご覧いただきます。

    関連イベント

    ■講演会 地階講堂にて 定員70名(当日、整理券配布)
     「弥生、京の雛を語る」(対談形式)
     2月 27日(土) 11:00~12:30 林 駒夫 氏(重要無形文化財「桐塑人形」保持者)

     「雛道具-その歴史と製作技法」
     3月6 日(土) 11:00~12:30 小池 富雄(鶴見大学教授、静嘉堂文庫美術館学芸部長(非常勤))

    ■河野元昭館長のおしゃべりトーク 地階講堂にて 定員70名(当日、整理券配布)
     「京の都の春の情」饒舌館長口演す
     3月 27日(土) 11:00~12:30 河野 元昭(静嘉堂文庫美術館館長)

    ※上記については、当日開館時より整理券配布(1名様につき1枚限定)、整理券の番号順にお入りいただきます。

    ■列品解説
     3月4日(木) / 3月11日(木) ・・・午前11時~
     3月20日(土・祝) ・・・午後2時~

    主催・協賛・後援

    主催:公益財団法人 静嘉堂

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。