京の至宝Ⅱ 江里佐代子 截金の世界 ―宙(そら)の輝きを康慧・朋子とともに―

≪截金彩色まり香盒≫ ≪截金彩色盒子≫ ≪截金彩色続命縷≫ 江里佐代子

≪截金彩色まり香盒≫ ≪截金彩色盒子≫ ≪截金彩色続命縷≫ 江里佐代子

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20210102日 -  20210124
    開催時間
    10時00分 - 19時30分
    入館締切:閉館30分前
    休み
    1月2日(土)は9:30開館。百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
    入場料
    有料
    一般900円(700円)高・大学生700円(500円)小・中学生500円(300円)
    ※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは当日料金より各200円割引
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    美術館「えき」KYOTO
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    美術館「えき」KYOTO
    住所
    〒600-8555 京都府
    京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
    最寄り駅
    京都
    電話番号
    075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹・大代表)

    詳細

    展覧会内容

    截金師・江里佐代子(1945~2007)は、2002年に截金の人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されました。伝統的な京刺繍の老舗に生まれた佐代子は、仏師・江里康慧と結婚。その後、截金技法が途絶えることを危惧していた江里家の意向を汲み、截金の技法を学びます。截金は、本来、仏像や仏画を荘厳する技法であり、康慧とともに仏像作品をつくり続けました。また、仏像への荘厳にとどまらず、工芸品に応用したり、公共施設などの壁面装飾やスクリーンなどの大規模な作品にも取り組んだりと、截金技法の新しい在り方の可能性を追求しました。惜しくも急逝した佐代子でしたが、技術や精神を途切れさせないように、と娘の截金師・朋子や工房の職人で引き継ぎ、截金作品を作り続けています。本展覧会では、江里佐代子の作品を中心に、康慧や朋子、工房の職人らによる、いまに繋がる作品を紹介いたします。截金作品の素晴らしさはもとより、截金技法の存在をより多くの方に知っていただき、継がれる截金のわざとこころが後世へ伝わる機会となれば幸いです。

    ________________________________________
    截金(きりかね)とは
    金箔等を焼き合せ厚みをもたせたものを、細く線状または丸・三角・四角等に截り、それを筆を用いて糊で貼り合わせ様々な文様を表す技法。古来より仏像や仏画の加飾荘厳として用いられている。
    ________________________________________

    主催・協賛・後援

    主 催 : 美術館「えき」KYOTO、京都新聞
    特別協力 : 平安仏所、パラミタミュージアム
    企画協力 : イムラアートギャラリー

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。