ムーミン コミックス展

トーベ・ヤンソン 「 『 まいごの火星人 』 スケッチ」©Moonin Characters™

トーベ・ヤンソン 「 『 まいごの火星人 』 スケッチ」©Moonin Characters™

openstatus
あと17日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20210116日 -  20210314
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    最終入場時間 16時30分
    休み

    1月18日は休み

    1月25日は休み

    2月1日は休み

    2月8日は休み

    入場料
    有料
    一般1,210(1,100)円,満70歳以上600(550)円,高大生1,000(870)円,小中生490(370)円
    ※( )内は20名以上の団体料金 ※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料,2月20日(土)は満70歳以上の方は無料,土曜日は高校生以下無料
    ★予約優先制【入場はオンラインで「日時指定 WEB 整理券」 無料 を取得された方が優先となります 】
    展覧会の撮影

    一部を除く
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    茨城県近代美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    茨城県近代美術館
    住所
    〒310-0851 茨城県
    水戸市千波町東久保666-1
    最寄り駅
    水戸
    電話番号
    029-243-5111

    詳細

    展覧会内容

    ムーミン童話の作者トーベ・ヤンソン(1914-2001年) は、1945年にムーミン・シリーズ第1作となる小説『小さなトロールと大きな洪水』を発表しました。 1947 年には初めての新聞連載マンガがスタート。
    その後、 1954 年に英国の『イブニング・ニューズ』紙で連載が始まり、大きな人気を博して 20 カ国以上で翻訳されます。この「ムーミンコミックス」は当初よりトーベの実弟ラルス・ヤンソン (1926-2000年) が主に資料集めと英訳を担当していましたが、 1959 年にトーベによる連載が終了した後もラルスによって連載は引き継がれ 1975 年まで続きました。ユーモアたっぷりでコミカル、時にはぴりりと風刺の効いたコミックスの存在により、ムーミンは広く知れわたるようになり、今日のムーミン人気につながっていきました。
     本展では、ムーミンコミックスにスポットを当て、未邦訳のストーリーや、コミックスだけに登場する個性的なキャラクターなどを紹介します。キャラクター設定画や習作、原画など、日本初公開となる貴重な 280 余点を通じて、ムーミンたちの楽しくも奥深い豊かな世界をお楽しみください。

    [みどころ]
    コミックスの下絵や原画、未邦訳のストーリーを日本初公開
    最盛期には120紙もの新聞で紹介され、世界中の読者を魅了したムーミンコミックス。本展はそのコミックスにスポットを当て、トーベとラルスの貴重な下絵や原画を初公開。全73話のうち日本では半分程が邦訳出版されていますが、今回は未邦訳の、ラルスによるストーリー4話分の原画も展示。そのうち「ムーミンたちの戦争と平和」は全点展示し、姉トーベ/弟ラルスによるコミックアートの真髄に迫ります。

    大人向けで風刺のきいたストーリーとコミックス限定のキャラクター
    コミックスの特徴の一つは、そのユーモラスで風刺のきいた内容です。ムーミン童話や絵本のセンチメンタルで詩的な描写は影を潜め、冒険心や社会風刺に満ちた、時にはにやりとするようなストーリーが展開します。読者層を想定してか、ムーミンパパの活躍が著しく、コミックスにしか登場しない困り者のキャラクター、スティンキーも良い味を出しています。

    新聞掲載用のシンプルで洗練された絵とユニークな画面構成
    コミックスは、銅版で製版され、粗い新聞紙に大量に印刷されました。そのため、原画にはシンプルな線が求められます。キャラクターの動きを的確に伝えるポーズと、ひとコマひとコマを効果的に表現する白黒の濃淡が、コミックスならではの絵作りです。コマのフレームにはしばしばストーリーに関連する小道具などがあしらわれ、全体として統一感と面白味あふれる画面構成になっています。

    トーベとラルス姉弟の作風の違い
    画家でもあったトーベのコミックスは、一つ一つのコマが絵画的で、高い完成度を誇ります。鉛筆による習作(下絵)には、ムーミンたちの造形やストーリーテリングへのこだわりが窺え、インクによるドローイングは、洗練された描線がそれぞれのキャラクターの魅力を引き立てています。
    ラルスの出品作はインクによる原画です。ムーミンの造形はやや角張っており、テンポ良く展開する画面作りがより風刺性の強いストーリーに合致しています。日本ではまだあまり知名度の高くないラルスのコミックアートも、本展の見所です。

    貴重なフィギュア2体を展示
    1950年代、フィンランドのストックマン・デパートのショーウィンドウに飾られていたムーミンとスノークのおじょうさんの立体フィギュアも展示します。会場内ではフィギュアのみ撮影可能です。

    ムーミンの世界観である、自由・勇気・愛・多様性の称揚
    とにかく好奇心旺盛で何事も恐れず挑戦する心優しいムーミン、冒険が大好きで見栄っ張りな一面もあるムーミンパパ、イタズラや失敗も笑いに変える大らかなムーミンママ、孤独を愛するスナフキンや皮肉屋のミイ。お馴染みのキャラクターたちが、規則に縛られ堅苦しく生きることの馬鹿らしさや、あらゆる者が時にはぶつかりながら共生してゆく大切さなど、現代の私達の心にも響く価値観を教えてくれます。

    関連イベント

    ■令和2年度 美術館アカデミー
     日時:令和3年2 月6日(土)14:00~15:30
     会場 地階講堂
     講師:茨城大学教育学部 教授 島田裕之
     対象:茨城大学および大学院生・一般
     定員 80 名 (事前申込,参加無料)
     申込締切日:1月27日(水)必着

    ■令和2年度 第3回ミュージアムコンサート 「カンテレとの出逢い~美しき北欧の国 フィンランドの調べ ~」
     日時:令和3年2月27日(土)①11:00~/②14:00~
     会場:地階講堂
     出演:桑島実穂 (カンテレ),町永潮音(カンテレ)
     定員 各回65名(事前申込,参加無料)
     申込締切日:2月17日(水)必着

    ■令和2年度 高校生特派員 美術展覧会
     日時:令和3年2月14日(日)~21日(日)9:30~17:00
     会場:地階講堂(入場無料)

    【イベント申込方法(美術館アカデミー,ミュージアムコンサート)】
    〈申込締切日〉美術館アカデミー1/27(水),ミュージアムコンサート2/17(水)〈必着〉
     ※募集定員に達した場合は、その時点で募集を締め切らせていただきます。
     ※コンサートのお申込みは午前の部か午後の部のどちらか1回になります。
     ●来館の場合…美術館の受付にある参加申込書に記入。
     ●往復はがきの場合…往信用文面に①希望者全員(1枚につき4名様まで)の氏名、代表者の②住所③年齢④電話番号⑤返信用宛名面にも住所、氏名を記入し、当館「美術館アカデミー係」もしくは「ミュージアムコンサート係」まで送付。
     ●Eメールの場合…件名に「美術館アカデミー参加希望」もしくは「ミュージアムコンサート鑑賞希望」、本文に①希望者全員(1件につき4名様まで)の氏名、代表者の②住所③年齢④電話番号を記載の上、下記の申込専用アドレス宛に送信。
     各イベント申込用Eメール宛先
     美術館アカデミー係 academy@modernart.museum.ibk.ed.jp
     ミュージアムコンサート係
        午前の部 am11.concert1027@modernart.museum.ibk.ed.jp
        午後の部 pm2.concert1027@modernart.museum.ibk.ed.jp

    主催・協賛・後援

    主催:茨城県近代美術館
    企画制作:東映
    特別協力:ムーミンキャラクターズ社
    協力:ライツ・アンド・ブランズ,筑摩書房
    コミックス翻訳:冨原眞弓
    アート・ディレクター:大谷有紀
    後援:フィンランド大使館 水戸市 /朝日新聞水戸総局 茨城新聞社 産経新聞 社水戸支局 東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局 毎日新聞 水戸支局 /読売新聞水戸支局

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。