プリュス・ジ・アートフェア 2011

  • 印刷する
会 期
20111118日 -  20111120
開催時間
11時00分 - 20時00分
休み
11/18 16:00-20:00
11/19 11:00-20:00
11/20 11:00-17:00
この情報のお問合せ
ギャラリー点 076-292-2140
情報提供者/投稿者
開催場所
東美アートフォーラム
住所
東京都
港区新橋6-19-15

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

未曾有の被害をもたらした東北地方太平洋沖大地震、そして今も続く福島原発放射能漏洩事故を乗り越え、未来を創るための支えとして、また、これまで長い時間培ってきた日本の文化の継承し発展させるためのスローガンともなるでしょう。

そして今回、アートフェアの名称から「コンテンポラリー」を外しました。現代美術に限らず、ジャンルの垣根を超えて、日本発の優れたアートを幅広く提供することを目指します。

より精神性が重んじられる時代を迎え、物質と精神をつなぐアートの役割はますます高まることでしょう。
「プリュス・ジ・アートフェア 2011」が質の高い作品をご紹介する場だけでなく、私た ち日本人がもつポテンシャルを再確認する場となることを願っております。

2011年8月
プリュス実行委員会

今にも壊れそうなもの、儚く消えそうなものを美しいと思う瞬間。そうした感覚をもって日常を見てみると、自分の周りの小さな世界にも、ささやかな美が満ち溢れていることに気付く。日本の工芸において育まれてきた高い精神性と技術、ものを慈しむという心、そして日常の大切さ、明日があるという奇跡−。そうした伝統性や日々の生活への思いが凝縮され、生み出された形は、日常の中に潜む何気ない美へと目を向けさせてくれる。

北本にとっての抽象化は、イメージする場面をさらに完全化する作業である。一度、粉々にしたものをひとつひとつ回収していくように、また、あたりまえだと感じていたものを再確認するように、光、そのゆがみ、色彩の混在やそのものの形態を捉えていく。その対象に存在するすべて、例えば目に見えない部分や、言葉では言い尽くせないと感じたそのものまでを、より鮮明に描く試みとして。

主催・協賛・後援

主催:プリュス実行委員会
協力:東京美術クラブ、art_icle

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。