ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

『アライバル』より 2004~2005年 ©Thaun Tan

『アライバル』より 2004~2005年 ©Thaun Tan

    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    会 期
    20201212日 -  20210131
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は17時30分まで
    休み
    12月29日(火)~1月3日(日)
    入場料
    有料
    一般1100円(1000円)、高大生800円(700円)、小中生500円(400円)
    ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障碍者手帳を提示の方は無料。北九州市在住の65歳以上の方は2割免除(公的機関発行の証明書などの提示が必要)。
    展覧会の撮影
    不可
    ※撮影可能エリアあり
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    「ショーン・タンの世界展」事務局(テレQ内)
    TEL:092-262-0077(平日10時~18時)
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    「ショーン・タンの世界展」実行委員会
    開催場所
    北九州市立美術館分館
    住所
    〒803-0812 福岡県
    北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州5階
    最寄り駅
    小倉
    電話番号
    093-562-3215

    詳細

    展覧会内容

    2011年、忘れることのできない東日本大震災が起きた3月。ショーン・タンの絵本『アライバル』日本版が発売されたのは、その悲劇の1週間後のことでした。
    言葉のないその絵本から、言葉にできない感情があふれてくる。
    『アライバル』は、絵本としては驚異的なヒットとなり、日本版発売から約9年が過ぎた現在でも、評価され続けている名作です。

    本展では、ショーン・タンの世界観を原画や資料を通して紹介。
    『アライバル』で多くの日本人を虜にした独特の世界観がどう生まれたか、どう創られたかを探ります。また、愛嬌たっぷりながらどこか哀しい魅力を持つ不思議な生き物たちを描いた原画や、幻想的な油彩の大作も展覧。
    絵本ファンのみならず、心が少し乾いた大人たちに、ショーン・タンのメッセージを“展覧会"という形でお届けします。

    [プロフィール]
    1974年オーストラリア生まれ。
    幼いころから絵を描くことが得意で、学生時代からSF雑誌で活躍。西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。
    2006年に刊行した『アライバル』は現在23の言語で出版されている。

    イラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプト・アーティストとしての活動の場をひろげている。

    約9年の歳月をかけて映画化した『ロスト・シング』で2011年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。同年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞。2020年、ケイト・グリーナウェイ賞受賞。

    [展示構成]
    Ⅰ.Belonging-居場所を求めて
    一貫してタンが描いているのは、何かが失われ、ほころびが生じた世界。
    しかし、そこは決してディストピアではなく、人々が共有してきた「いつか見た風景」が織り込まれ、新たな世界との出会いが描かれています。
    『アライバル』の原画を中心に、完成までのコンセプト・スケッチや習作、絵コンテなどから、大作ができるまでの過程を紹介します。

    Ⅱ.Companion Animals-想定外のへんな生き物
    タンが描く世界には、不思議な生き物が多く登場します。彼のイマジネーションから生まれたこれらの生き物は、シンボリックでありながら、物語の世界を豊かにする磁力をもった存在です。
    『ロスト・シング』の原画、映画版の字幕付き全編上映のほか、日本でも人気の絵本『エリック』の全原画などを紹介します。

    メルボルンのアトリエから
    その独特な世界観は、一体どんな制作現場で生み出されるのか――。メルボルンに構えるアトリエを再現したコーナーを展開します。

    再現のなかにはタンの私物も入り混じっている‥‥現代作家だからこその、親近感のある制作デスクです。

    Ⅲ.Somewhere Nowhere-観念の地図

    タンにとって、日常の観察は創作の出発点といえます。タンが描く人物や風景は、物語の原型を宿しています。
    自然の形と人工物が組み合わされ、そのイマジネーションを刺激し、現実の風景のなかに、どこにもない世界が浮かび上がっています。
    新作『内なる町からきた話』からの大作の油彩作品、日常を切り取った油彩の『観察的小品』を展示します。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。