分離派建築会100年展 建築は芸術か?

瀧澤眞弓  卒業設計 山岳倶楽部 正面図  1920(大正9)年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

瀧澤眞弓  卒業設計 山岳倶楽部 正面図  1920(大正9)年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

openstatus
あと55日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20201010日 -  20201215
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は17時30分まで
    休み
    水曜日
    入場料
    有料
    一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料
    ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    パナソニック汐留美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    パナソニック汐留美術館
    住所
    〒105-8301 東京都
    港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
    最寄り駅
    汐留
    電話番号
    050-5541-8600

    詳細

    展覧会内容

    建築は芸術か?
    大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。明治以降に日本に移入された西洋の様式建築の学習は、明治末期にはほぼ達成され、最新の建設技術にふさわしい新しい建築のあり方が模索されていました。そうしたなか、1920(大正9)年、東京帝国大学(現・東京大学)建築学科の卒業をひかえた同期6名、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守は分離派建築会を結成します。彼らは「過去の建築圏からの分離」を宣言し、学内の第二学生控所で習作展を、続いて白木屋で第一回作品展を開きます。その革新的な内容は同世代の建築家や学生たちの注目を集めました。さらに大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、1928(昭和3)年の第七回まで作品展を重ね、出版活動を展開していきます。そして1922(大正11)年に東京・上野公園を会場に開催された平和記念東京博覧会での展示館の設計からはじまり、次第に住宅、公共的建築、商業建築などの実作を通し、彼らの考える建築の芸術を世に問います。結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品計160点によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていきます。

    展覧会の見どころと特徴

    100年後のいま、分離派建築会を再検証!
    分離派建築会は、明治時代の様式建築と1930年代以降のモダニズム建築をつなぐミッシング・リンクを解き明かす大正時代の建築運動です。100年後のいま、分離派建築会の日本近代建築史上の位置づけを再検証する展覧会です。

    1920年代に出現した9人の新星たちを一挙紹介!
    将来を嘱望される東京帝国大学卒の6人の立ち上げメンバーと、あとから加わった新メンバー3人。いずれも散会後はそれぞれ設計事務所の社長や大学教授といった要職につき、日本の建築界で重要な役割を担いました。本展は、全員にスポットをあて彼らの活動と作品を紹介します。

    会場は「紙」から着想を得て分離派建築会の「創作」と「実作」が交錯する空間
    分離派建築会の会員たちが展開した作品展と出版活動を象徴する「紙」から着想を得て、京都を拠点とする木村松本建築設計事務所が会場構成を担当します。

    関連イベント

    ■展覧会記念シンポジウム①「分離派建築会―新しい様式を求めて」
     分離派建築会は歴史的な様式建築への盲従を厳しく批判して立ち上がった のですが、けっして「様式」まで否定したのではありませんでした。彼らが追求 した近代建築の「様式」とは何だったのか、その実像を探ります。
     出演:香山壽夫氏(東京大学名誉教授、香山壽夫建築研究所所長)、藤岡洋保氏(東京工業大学名誉教授)、田路貴浩氏(京都大学教授)/モデレーター
     日時:10月31日(土)午後2時~午後3時50分(開場午後1時30分)
     定員:50名(要予約)
     聴講費:無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
     会場:パナソニック東京汐留ビル 5階ホール ※自由席になります。 
     *未就学児はご遠慮ください。

    ■展覧会記念シンポジウム②「分離派建築会と大正美術界」
     第一次世界大戦を挟んで世界は激動し、ヨーロッパの美術界や建築界 では前衛と呼ばれる新しい潮流がつぎつぎと登場しました。そうした動向を いち早く捉えようとしていた分離派建築会と美術界との交流を考えます。
     出演:大川三雄氏(元・日本大学理工学部教授)、水沢勉氏(神奈川県立近代美術館館長)、田所辰之助氏(日本大学理工学部教授)/モデレーター
     日時:11月8日(日)午後2時~午後3時50分(開場午後1時30分) 
     定員:50名(要予約)
     聴講費:無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
     会場:パナソニック東京汐留ビル 5階ホール自由席になります。
     *未就学児はご遠慮ください

    【記念講演会・対談 お申し込み方法】ハローダイヤル(050-5541-8600)へお電話にてお申し込みください。
    ①イベント名 ②参加人数(一度に2名までお申し込みいただけます) ③氏名(全参加希望者) ④住所 ⑤電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。
     ・2020年9月1日(火)より受付開始
     ・ご予約の受付時間 午前8時~午後10時
     ・ご予約の受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
     ・お申し込み時にお知らせする整理番号を活用して入場いただきます。

    【お知らせ】
    当館では新型コロナウイルス感染症防止策として、展示室内のお客様人数を制限させていただきます。
    制限人数に達しましたら、以降整理券を発行し入館時間を指定させていただきます。 
    なお万が一、当日の整理券をすべて発行した場合はご入館いただけない場合もありますのでご了承願います。

    主催・協賛・後援

    主催:パナソニック汐留美術館、朝日新聞社
    後援:一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、一般社団法人DOCOMOMOJapan、建築史学会、港区教育委員会
    協賛:株式会社 アール・アイ・エー、株式会社 石本建築事務所、株式会社山田綜合設計
    協力:一般財団法人デジタル文化財創出機構
    学術協力:分離派100年研究会
    会場構成:木村松本建築設計事務所

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。