西村多美子 「続旅人 My Journey, Continued」

西村多美子 「続旅人 My Journey, Continued」
openstatus
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20200925日 -  20201017
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    日曜日,月曜日,祝日
    入場料
    無料
    展覧会の撮影
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    info@zen-foto.jp
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    禅フォトギャラリー
    住所
    〒106-0032 東京都
    港区六本木6-6-9 ピラミデビル208
    最寄り駅
    六本木
    電話番号
    03-6804-1708

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    禅フォトギャラリーは、9月25日(金)から10月17日(土)まで西村多美子写真展「続旅人」を開催いたします。禅フォトでは7回目となる今回の個展では、1979年に西村が制作し、1980年代初頭にニコン・サロンで発表したヴィンテージ・プリントとその他の未発表作品を中心に展示いたします。

    西村は旅の中で直感的にふと身体が動く瞬間を、粒子の粗いハイコントラストのモノクロスナップショットで表現した作品で知られています。1973年に最初の写真集である『しきしま』を刊行して以来、彼女は旅を続け、そのスナップショットのスタイルを貫いてきました。これまで刊行してきたそれぞれ異なる主題の10冊の写真集においても、旅の記録と私的なスナップショットという、彼女の手法の独自性が示されています。

    70年代後半は、集中的に東京を撮影した。これまであまり縁がなかった城東、城北地区も広く歩いた。この頃は学齢前の娘を連れて撮影することが多かった。浅草でチャンバラの実演をしていた大道芸人に「おじちゃんと旅に出よう」と言われ、困った顔をしてふり向いた娘の表情を覚えている。 ー西村多美子『続 (My Journey II. 1968-1989)』あとがきより抜粋

    今回の展覧会に合わせて、禅フォトギャラリーより『旅人』三部作の二作目として『続 (My Journey II. 1968-1989)』を刊行いたします。2018年に一作目の写真集『旅人』を刊行して以来、禅フォトギャラリーは西村の写真に対する姿勢を反映させながら、彼女の初期から近年の未公開作品を包括的に三部作として紹介しています。是非この機会に西村の今も続く旅から生まれた印象的な作品の数々をご高覧ください。

    Zen Foto Gallery is pleased to present “My Journey, continued”, an exhibition by Tamiko Nishimura from Sep 25 to Oct 17. This exhibition marks Nishimura’s seventh solo presentation with Zen Foto Gallery, featuring vintage silver gelatin prints by the artist in 1979 that were presented at her solo exhibitions at Nikon Salon in the early 80s and some unpublished works.

    Nishimura is known for her snapshots of intimate moments encountered in her journeys in high contrast, black and white grainy photographic style. Since the publication of her first book “Shikishima” in 1973, she never ceased to travel and continued to develop her style of snapshots. To date, she has published 10 titles of photography books surrounding different subjects, revealing her unique approach to snapshot photography as a record of her journeys and personal life.

    “In the latter half of the 1970s, I concentrated more on shooting Tokyo and walked thoroughly around the Joto (Eastern) and Johoku (Northern) areas which I hadn’t had many chances to visit until then. At that time I would often take along my pre-school daughter to do the shooting. I can still remember how my daughter turned away with a troubled look on her face when a street entertainer, who performed samurai sword fighting in Asakusa, asked her to go with him on his travels.” ー Excerpt from Tamiko Nishimura’s afterword of “My Journey II. 1968-1989”

    In conjunction with the exhibition, Zen Foto Gallery will publish “My Journey II. 1968-1989” as the second chapter of “My Journey”. Since the first showing and publication of “My Journey” two years ago, Zen Foto Gallery has been introducing Nishimura’s unreleased works from her early stage to recent years comprehensively as a trilogy, echoing her stance in photography. We sincerely hope that you will take this opportunity to go onboard viewing Nishimura’s vintage works from her continuing journeys.

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。