久米亮子展「fruit」

久米亮子 KUME Ryoko fruit   アクリル、綿布、カンヴァス  162.1x162.1cm

久米亮子 KUME Ryoko fruit アクリル、綿布、カンヴァス 162.1x162.1cm

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20201005日 -  20201024
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    日曜日
    入場料
    無料
    展覧会の撮影

    ご撮影の際は作家もしくはギャラリー担当者に一声かけていただけると幸いです。
    子連れ
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ
    〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    Tel. 03-3562-1305 
    https://g-tokyohumanite.com 
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    名古屋、東京を中心に活躍する久米亮子。ユマニテでは2年ぶりとなる新作展です。
    透明感あふれる色彩とのびやかな画面。久米の作品は植物や果物などをモチーフに描かれていますが、自然界の生命すべてに対する慈しみと愛情に満ち溢れています。今回も100号の大作を中心に10数点を発表します。是非ご高覧下さい。

    ●作家コメント
    今ならどう思うか分からないですが、小学校へ通う道すがら、ある八百屋さんを曲がると細い溝があり、その溝に沿って少しだけ歩くのですが、そこを流れる水がいつも汚くて汚くて、そのころの私には毎日耐え難い時間でした。
    一方、帰宅後の楽しみは駄菓子屋さん通い。駄菓子屋さんなのに、地元では何故だかスーパーと呼ばれていたのを覚えています。時々、飴細工職人のおじさんがそこにいて、乳白色の兎や鳥に、和鋏でチョキチョキ形を入れ、そしてシュシュっと面相筆で潔く描かれたブルーコンポーゼとマゼンダの線。それは半透明の宝石のようで、田舎で生まれ育った私には夢の世界そのものでした。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。