Solo exhibition 下野友嗣 ー空白の器 ひかりかがやくときー

Solo exhibition 下野友嗣 ー空白の器 ひかりかがやくときー
openstatus
あと41日後に開催
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20201204日 -  20201206
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    12月4日は11時00分から
    12月6日は17時00分まで
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    (公財)千葉市文化振興財団 043-221-2411
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    千葉市文化センター
    住所
    〒260-0013 千葉県
    千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館
    最寄り駅
    千葉中央
    電話番号
    043-221-2411

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    本展でご覧いただくのは、鉄錆をモチーフにした作品です。私は長年、鉄錆を使った作品を制作しています。
    普段とは違う鉄錆の魅力を感じていただけましたら幸甚に存じます。

    空白の器
    内側に「何もない空間」は囲まれている所、何もない空間であるからここは何かが入るかもしれないという可能性が生まれる。
    この「かもしれない」という可能性が重要であり、その潜在性に対して手を合わせるという意識の動きが神道の信仰心である。
    白(しろ) 原研哉 中央公論新社より

    隕石は精子であり、卵子である星とぶつかり爆発すると新たな命の誕生になる。地球の場合は爆発によって『鉄』という命の源を作りました。
    また鉄が錆びる環境だから私たちが生まれることが出来、鉄は地球上の生命にとってはスタート地点であり、周りの環境に影響され多種多様な生物は進化しました。
    錆が発生する現象は科学でも実証されていることですが、この現象はアミニズムであり現代の私たちの文明より巨大な力を持ち、理解しきれないものがあります。
    気候変動や災害、感染症により世界中が大きな危機を迎えるいま、私たちは自然を採取可能な資源という考え方について、限界が来ているのではないでしょうか。
    今回の展覧会のタイトルである『空白の器』は、私たちの身近な日常生活に存在していますが、急に存在するものですからキャッチ出来ず流されてしまうことがあります。
    その『空白の器』を伽ch資して熟成させるかのうようにかがやかすと、私たちの生活はどれだけ豊かになるのかと思いますs。

    主催・協賛・後援

    主催:(公財)千葉市文化振興財団
    共催:千葉市
    後援:千葉市教育委員会

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。