"Inhabiting the Moment” (“瞬間に生息”) ~世界パンデミックにおけるアーティストの視点~


  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20200922日 -  20200927
開催時間
11時00分 - 19時00分
22日はアーティストトーク&ライブのため、一般公開は16:30まで。最終日は17時00分まで
クリエイター在廊

小林園実(キュレーター/ 作家):毎日在廊
アーサー・ファン(作家):(9/22イベント在廊他)
エミ・エレオノーラ(作家/ ミュージシャン):(9/22イベント在廊他)
入場料
無料
展覧会の撮影
作品の販売有無
販売有 10,000円 ~ 300,000円(税別)
(本の販売)2,000円
子連れ
この情報のお問合せ
Galerie La
情報提供者/投稿者
開催場所
Galerie Lã
住所
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-9-8 奥野ビル601
最寄り駅
銀座一丁目
電話番号
03-6228-6108

詳細

展覧会内容

このグループ展では、ニューヨークや東京を拠点とするバックグラウンドの異なる4人のアーティストの作品を取り上げ、今起こっている世界的なパンデミックの最中や、その直前に制作された作品を中心に展示します。

アーティスト達は、普段の何気ない生活の中で、人々が通常あまり注意を払わなかったり、気付かなかったりさえすることがある物や事象に注意を払い、時にはそこに美しさを、時には問題点を見い出して表現します。私がこの異なるバックグラウンドを持つ4人のアーティストを選んだのは、彼らは日常生活の中で自身や社会について探究し、問いかけ、それらを独自の視点でそれぞれの媒体で表現し、記録しているからです。

展示作品には、ファニー・アリエによる布のコラージュ、エミ・エレオノーラによる日々の写真とそれにまつわる詩、アーサー・ファンによるドローイングやコラージュ、彫刻、そして、小林園実によるアルコールインク画などがあります。また、会期中にエレオノーラによる詩の朗読と演奏も予定しております。

昨年このグループ展の企画を進めている時、「何気ない日常生活をアーティストはどう捉えるか」をテーマに、ニューヨークと東京のアーティスト達が表現した作品を展示することを考えていました。しかし、今年に入ってからの世界パンデミックの中、人々の生活は劇的に変化しました。そこで、ニューヨークや東京で暮らすアーティスト達が、刻々と変化する日常生活をどのように経験し、観察し、認識したのか。そして、そうした日常をどのように捉えて表現したのかに注目して、この時期やその直前の作品に焦点を当てました。

この展覧会を通じて、4人のアーティストの視点から見た世界を体験し、彼らの経験を感じ取ったり、自分の経験と比較したり、また、作品を通じて、アーティストも来場者も癒されたり、勇気付けられたりする機会になれば幸いです。

【出展アーティスト】
Fanny Allié(ファニー・アリエ): ビジュアルアーティスト(ニューヨーク在住)
Emi Eleonola(エミ・エレオノーラ):ミュージシャン/ 音楽芸者/ 舞台女優/ 音楽プロデューサー(東京在住)
Arthur Huang(アーサー・ファン):コンセプチュアル・アーティスト/ 分子生物学者、東京在住
Sonomi Kobayashi(小林園実):ビジュアル・アーティスト/ キュレーター(ニューヨーク在住)

関連イベント

【アーティストによるトーク&ライブ】9月22日(火・祝日)17:00 - 18:30、バーオープン:16:00~
◼️トーク by エミ・エレオノーラ、アーサー・ファン、小林園実、ミニライブ by エミ・エレオノーラ
◼️限定12名様(要予約): 新型コロナウイルス感染症対策のため、12名様限定とさせていただきます。
ご予約:メール info@salondela.com 又は、お電話 03−6228-6108(担当:吉本)まで。
販売開始:9月6日(日)PM12:00より
*︎定員に達しましたら締め切らせていただきますので、ご了承のほど宜しくお願い致します。
◼️チケット料金 ¥2500(1 Drink付き)2杯目から¥500

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。