ショナ・トレスコット A Minute to Midnight

 ショナ・トレスコット A Minute to Midnight
openstatus
あと37日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200915日 -  20201128
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    日・月・祝
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    アンドーギャラリー
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ANDO GALLERY
    住所
    〒135-0023 東京都
    江東区平野3-3-6
    最寄り駅
    清澄白河
    電話番号
    03-5620-2165

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    ショナ・トレスコットは1982年オーストラリア生まれ。シドニーの国立芸術学校絵画専攻卒業。風景画を中心に「人間と自然との関係」を主題とする絵画作品を制作し、高い評価を得ています。科学的なデータ、現地でのリサーチ、想像、そして彼女の私的な物語に結びつく記憶など、さまざまな領域を参照することによって、自然、愛、恐れ、神話の本質を探求し続けています。
    4年ぶりの発表となる本展では、Land’s End(陸の果て)をテーマに描かれた新シリーズを紹介します。地球物理学の枠組みにおいてLand’s Endという言葉は、海と大地、大地と空、空と海の境を隔てることによってかたちづくられた「端」を意味します。ショナ・トレスコットは、故郷であるオーストラリアの想像を絶する美しさと儚さを併せ持つ風景に惹きつけられ、今回の作品に取り組みました。世界遺産に登録された世界最大のサンゴ礁地帯、グレート・バリア・リーフに浮かぶ手付かずの小さな島にある「ワン・ツリー・アイランド科学研究所」に滞在し、気候変動について研究している科学者たちとともに過ごしながら制作活動を行ないました。局地的にも国際的にも大きな問題を抱えた場所として、同時に、未知の領域や科学研究の最先端を探求できる場所として、彼女はこの環境と関わりあったのです。また、干ばつで荒廃したオーストラリア内陸のマレー川を描写した作品は、人間の不在と存在とを併置することにより、直接的な人間の影響と産業規模の風景の搾取によって極度に圧力がかかった結果が描かれています。
    ショナ・トレスコットによる静かに満たされたペインティングは、場所と空間の自由な考え方を喚起しながら、本質に関わる広大な何かを含んでいます。光と闇の衝動は、急速に変化していく世界のなかで、私たちが探そうとしている目的地への窓として描かれ、感情や感覚、心の状態におけるとめどない好機を呼び覚ますのです。本展では、キャンバスに油彩で描かれた新作絵画25点を展示いたします。どうぞご高覧ください。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。