ラリー・クラーク Larry Clark

  • 印刷する
会 期
20111126日 -  20111224
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
定休日:日・月・祝日
この情報のお問合せ
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
tel 03-6447-1035
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Taka Ishii Gallery Photography / Film
住所
〒106-0032 東京都
港区六本木 5-17-1 AXISビル 2F
最寄り駅
六本木
電話番号
03-6447-1035

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィ―/フィルムは、2011年11月26日から12月24日までラリー・クラーク個展を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの4回目の個展となる本展では1963年のヴィンテージ・プリント11点と、1968年制作のフィルム作品「タルサ」を展示・上映いたします。

 潜在的にすごいパワーをもってるものを撮影する時、たいていのやつはどうそれを扱っていいか分からないんだ。よくあることだけど、写真家は人に迷惑をかけてるような連中を撮る時は、そいつらが最悪な感じに見えるように撮るのさ。するとその写真を見る連中は、これは自分たちとは関係のないことだって納得するわけだろう。俺の場合は、撮影した連中をいつだって一人の人間として描写してるから、俺の写真を見る人も彼らが何をやっているのかとは関係なしに見ることができるんだ。

                          Kristine Mckenna, “Larry Clark’s Pictures of Survival,” Los Angeles Times, November 4, 1990
                                  『デジャ=ヴュ』フォトプラネット、1993年7月号(第13号)、p. 67掲載 翻訳文より抜粋

1943年米国オクラホマ州タルサに生まれたクラークは、写真学校を卒業後63年から71年にかけて、性行為・薬物・暴力に溺れる故郷タルサの友人達の日常を写真に収め、作品集『タルサ』(1971年)を出版。以来、『ティーンエイジ・ラスト』(1983年)など、一貫して衝動的な欲求に身を任せ自滅的な行為に明け暮れるティーンエイジャーを、共感溢れる視点から撮影した作品を発表して参りました。

クラークはまた、物語(コンテンツ)を伝える別のメディアとして、80年代後半から90年代にかけて映像作品も手掛けており、1995年には初の監督映画『キッズ』を発表。その後も『ブリー』(2001年)、『ケン・パーク』(2003年)など、意欲的に映画作品を制作しています。

今回、クラークが1963年にタルサにて撮影したヴィンテージ・プリント11点の展示に加え、昨年開催されたパリ市立近代美術館での回顧展において初公開された、1968年制作のフィルム作品「タルサ」を上映いたします。

関連情報

オープニング・レセプション:11月26日(土)18:00-20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。