jikijiki展 料理家 広沢京子 食のつながり▷食のひらめき

本展メインビジュアル

本展メインビジュアル

openstatus
あと2日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20201003日 -  20201101
    開催時間
    10時00分 - 20時00分
    入場料
    有料
    一般:400(300)円 学生:300(200)円
    ※( )は前売料金(チケットぴあ 992-827) ※当面の間、団体入場割引きはいたしません。 ※再入場可 ※高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料 ※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料 ※会場内の混雑・密集を避けるため人数制限をおこなうことがございます。 ※状況により変更・中止する場合がございます。
    展覧会の撮影
    この情報のお問合せ
    三菱地所アルティアム
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    三菱地所アルティアム
    住所
    〒810-0001 福岡県
    福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
    最寄り駅
    福岡
    電話番号
    092-733-2050

    詳細

    展覧会内容

    その時期時季に採れた素材を、作り手さんから直々に分けていただき、直々にココロして仕込み、直々にお届けしたい―

    福岡在住の人気料理家・広沢京子が、こよなく思いをこめて立ち上げた食のレーベル「jikijiki」。生産者から直に仕入れた野菜やくだものの良さをぎゅっと、ジャムやピクルスなどのびん詰めに。教室やワークショップなどを通じ、食べ手と作り手をつなぐ活動をしています。
    本展では、活動のきっかけとなった作り手たちの味わいや、彼らの育てる作物のこの上ない美しさ。そこから得たひらめきをキッチンで形にし、食卓にふるまうまでのプロセス。舌も心もおどる!楽しい食のアイデアを、ストーリー仕立てで繰り広げます。
    「出会って、好きになる人の作るものはやっぱりおいしいし、おいしいものは、いろんな人に熱をこめて伝えたくなる」。そうして、受け手ひとりひとりが自分なりの「食のつながり▷食のひらめき」の物語を紡いでいく、そんな展示となっています。

    —————-
    野菜を切ると水分がジュワッと出て、とりどりの切り口を並べたとき。
    湯に通して、色がサッと鮮やかになるとき。
    いつも、ひとり小声で歓声を上げ、畑で見た景色を思い出します。

    土や木の枝から、若草色の芽が出るところ。
    ワサワサ野菜がなって、収穫されるのを待っているところ。
    慎重に慎重に土を掘り、立派な根ものが抜かれているところ。
    鈴なりに育った果実畑。生産者さんの満面の笑み。

    キッチンでも、畑でも。常に心おどることの連続で、それは料理を作るヒントや想いになって、食卓へ繋がっていきます。
    おいしいものを食べて、誰かを思いやる。その時間を共有する。
    食の力と役割を、改めて考える機会になればうれしいです。

    広沢京子

    【プロフィール】広沢 京子

    料理家。1975年千葉県生まれ。飲⾷店勤務、フードスタイリストのアシスタントを経て、独立。COOKLUCKを立ち上げ、「九州の食卓」「dancyu」などの雑誌、書籍、広告などを中心に、レシピ制作からスタイリング、商品やイベントのプロデュースやケータリングまで、食まわりのいろいろをかたちにする。2009年より拠点を東京から福岡に移し、現在糸島市在住。生産者と消費者をつなぐ活動に力を入れ、料理会などを各地で開催。著書に「家だから、いっぱい野菜」(幻冬舎)、「こうかん、ぶつぶつ」(ミルブックス)など多数。

    主催・協賛・後援

    主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
    後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団
    制作協力:BOOKLUCK(企画ディレクション)、みずうみデザイン室(広報・会場グラフィックデザイン)、中村紀世志(撮影)、BORDERs(商品・ロゴデザイン)、go! design 製作所(空間設計、施工)
    協力:ゆっくりおいしいねむたいな、krank marcello、TERCEIRO、VOIRY

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。