福島淑子展 「spring snow」

  • 印刷する
会 期
20111126日 -  20111224
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
日・月曜・祝日休み
この情報のお問合せ
GALLERY MoMo Ryogoku
TEL 03-3621-6813
FAX 03-3621-6814
情報提供者/投稿者
開催場所
GALLERY MoMo Projects
住所
〒106-0032 東京都
港区六本木6-2-6 2F
最寄り駅
六本木
電話番号
03-3405-4339

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

GALLERY MoMo Roppongi では、11月26日(土)から12月24日(土)まで今年最後の展示となる福島淑子展「spring snow」を開催いたします。
 福島淑子は1985 年長野県生まれ、2009年武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業、大学在学中の2006年にシェル美術賞展で審査員賞、2007年にはグランプリを受賞、私たちのギャラリーでは2007年以来5 度目の展示となります。
 作品は人物を主体とし、ポートレイトや複数の人物による構成など個性的な人物表現を展開しています。描かれる人物に施される色彩は顔の持つ表情と共に多様で、眼差しは時に深く内面を表し、見る者にさざ波を引き起こすかのようです。
 複数の人物の描写では、時にその構図は円環を描くなど、多分に図象的な画面構成を意図するものですが、今のような状況にある時、見る者に人とのつながりやコミュニケーションの可能性を感じさせる作品のようにも見えます。
 最近では個人的に子供に接する機会を得、福島らしい感性でその表情を捉えて、今展ではその一端が紹介されます。
 タイトルの「spring snow」は今年3月11日、地震の少し前に見た雪のことで、晴れていた空が急に吹雪に変わり奇妙な感覚を味わったそうですが、ほどなく多くの人の精神性をも揺さぶる激震に遭遇し、原発が深刻な事態を迎え、子供たちの未来への懸念が心を満たしたようです。
 描かれた子供たちはそうした作家の思いが映され、今この時を生きる眼差しやその手の表現は、私たち大人への問い掛けでもあるように思えます。
 今、誰もが生きることの意味を再考させられる状況にあり、作家の苦悩も例外ではありません。改めて子供たちの未来を想うことで、私たちの生き方を考えなおす必要があるのかもしれませんが、今展の福島作品がそうした契機になればと願っています。
 今展では油彩10点と数点の鉛筆画による小規模な構成となります。コンスタントな制作を通じて人物表現の可能性を探り続ける福島ですが、新たな展開と予兆を感じさせる作品を、この機会にぜひご高覧ください。

関連情報

オープニングレセプション: 2011年11月26日(土) 18:00 - 20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。