ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり

《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭2019 展示風景

《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭2019 展示風景

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20200623日 -  20201025
開催時間
10時00分 - 18時00分
休み
月、(8⽉10⽇、9⽉21⽇は開館)、8⽉11⽇、9⽉23⽇
入場料
有料
日時指定予約制 https://www.artizon.museum/
一般ウェブ予約チケット 1,100 円、当日チケット(窓口販売)1,500 円、学生無料(要ウェブ予約)* ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
※中学生以下の方はウェブ予約不要です。 ※この料金で同時開催の展覧会を全てご覧頂けます。

作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
アーティゾン美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
アーティゾン美術館
住所
〒104-0061 東京都
中央区京橋1-7-2
最寄り駅
東京
電話番号
03-5777-8600(ハローダイヤル)

詳細

展覧会内容

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寛)は、石橋財団コレクションと現代美術家の共演「ジャム・セッション」展を毎年一回の予定で開催することとなりました。これは美術館にとっての新たな冒険であり挑戦です。

このシリーズ第一回に、鴻池朋子(こうのいけ ともこ)を迎えます。鴻池は、絵画、彫刻といった従来の美術手法から拡張して、旅という時間と移動、歌や語りという音声言語、玩具や手芸などという身近な生活の行為や手立てをメディアとして、狩猟採集という人間の文化の「原型」というものを再考し、芸術の根源的な問い直しを続けてきました。

鴻池は、今回展覧会を開催するにあたり、それまでの美術館を構成してきた様々な要素と「対話」によるセッションを重ねました。株式会社ブリヂストンの九州のタイヤ工場や東京の技術センターへのリサーチ旅行、当館館長や関係者へのインタビュー、収蔵品についての学芸員からのレクチャーなど、鴻池は、近代がつくりだした美術館という枠組みを、丁寧に深く探ることにより、新たな美術館の可能性を形にしようと試みます。
今回、そのようなプロセスを経て、展示室全体に行き渡る、円形の大襖絵を中心としたインスタレーションが立ち現れます。
本展覧会では、五感を通じて全身で作品と出会い、観客の視点を軽やかに「ちゅうがえり」させます。
「人間は一匹の動物として一人一人全部違う感覚で世界をとらえ、各々の環世界を通して世界を眺めている。それらは一つとして同じものがない。同じ言葉もない。同じ光もない。芸術がそのことに腹をくくって誠実に取り組めば、小さな一匹にとって世界は官能に満ち、やがて新たな生態系が動きだす。イリュージョンを言語にすり替えず、日々出会うものたちをしっかりと手探りし、遊び、粛々と自分の仕事をしていこう。」(鴻池)

■ ジャム・セッションとは
「ジャム・セッション」は、2020年1月に開館したアーティゾン美術館のコンセプト「創造の体感」を体現する展覧会です。 アーティストと学芸員が共同して、石橋財団コレクションの特定の作品からインスパイアされた新作や、コレクションとアーティストの作品のセッションによって生み出される新たな視点による展覧会を構成します。 過去から現代、次代へ向けての架け橋となるプロジェクトを目指します。今後、毎年一回開催する予定です。

[みどころ]
本展覧会のための新作インスタレーション
新作の円形の大襖絵を中心に、それを囲むようにユニークなスロープがつくられます。周辺には森羅万象を紙で象った影絵燈籠や、作家の声によるオオカミや風や雪女などの人間以外の生き物の音が響きます。視点を移動させることで、新しい鑑賞を生みだします。2009 年の東京オペラシティアートギャラリーでの「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」から11 年ぶりの東京での大規模個展となります。

石橋財団コレクションとアーティストのセッション
瀬戸内国際芸術祭2019 で発表された幅12m 高さ4m の《皮トンビ》は、約一年間、山に設置されたのちに本展に持ち込まれ、経年変化した姿を見せてくれます。その側には、当館収蔵品であるクールベの《雪の中を駆ける鹿》や、シスレーの《森へ行く女たち》などが対話をするように設置され、野生の気配が室内に立ちこめます。

生まれたての目で見る「みる誕生」
各展示室の間には、熊や狼の毛皮、木、ビニール、陶物、毛糸などの素材がぶら下がる、森の小径がつくられます。それらをくぐり抜けながら、私たちの眠っていた感覚は揺さぶられ、生まれたての原初的な身体が目覚めます。視覚以外にも触覚、嗅覚、聴覚など、身体全体で体感することを、鴻池は「みる誕生」と名付け、未知なる鑑賞の驚きや豊かさを味わいます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。