青山健一展『野生の家』

青山健一展『野生の家』
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20200715日 -  20200802
    開催時間
    12時00分 - 20時00分
    土曜11:00-20:00
    日曜祝11:00-19:00
    ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間は短縮変更となる可能性があります。適時判断し、ギャラリーのWEBやSNSで広報いたします。
    お手数ですがご来廊の際には念のためご確認ください。 http://yorocobito-g.com/
    休み
    月曜
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    子連れ
    この情報のお問合せ
    ヨロコビtoギャラリー
    情報提供者/投稿者
    YorokobitoGallery
    開催場所
    ヨロコビtoギャラリー
    住所
    〒167-0053 東京都
    杉並区西荻南3-21-7
    最寄り駅
    西荻窪
    電話番号
    03-5941-7686

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    「家のコックピットでなんとか外界と繋がろうとしていた。世の中が家を中心にまわっている不思議な状況で、家そのものが繋がりを求めて拡張したがっているような感覚を覚えた。そんな家で描く絵もまたキャンバスの中に収まるのを拒絶しているようだった。」

    本展示は、青山健一がCOVID-19による緊急事態宣言中に描いた絵をもとに構成されている。ギャラリーの空間で様々なものと結びつき、「繋がり続け、完成しない絵」のライブ感ある展示となっている。

    青山健一 Kenichi Aoyama

    [プロフィール]
    東京都出身。石川県金沢市在住。
    ギャラリーはもとより、廃ビル、ライブハウス、劇場、公共スペースなど、様々な空間で絵画、映像、立体、インスタレーション作品を発表している。
    1997年、ジャズ・オーケストラ『渋さ知らズ』に美術、映像メンバーとして参加。以降、国内ライブや大型音楽フェス、海外ツアーまで全舞台美術制作を担当。即興性を重視した映像パフォーマンスで様々な表現者とのコラボレーションライブを多数発表。BEAMS T、geewhizなどアパレルへのイラストレーションの提供。書籍装画、絵本、オリジナルアニメーションや近藤良平やスズキ拓朗をはじめとするパフォーマーの舞台美術、映像など様々な活動を展開している。
    大地の芸術祭2012、中房総国際芸術祭2014に舞台美術、映像作品で参加。2012年に絵本「あした、せかいが」(文:三角みづ紀/絵:青山健一)を上梓。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。