特別企画 湖国・滋賀の陶芸展-風土と伝統そして交流のなかで

2 チラシ.jpg
openstatus
あと49日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200718日 -  20200922
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    休み
    月曜日 ただし 8月10日(月・祝)、9月21日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は振替休館
    クリエイター在廊
    入場料
    有料
    一 般500円(400円)、高大生380円(300円)、中学生以下無料 *( )内は20人以上の団体料金
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    子連れ
    この情報のお問合せ
    togeinomori@sccp.jp
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    滋賀県立陶芸の森
    住所
    〒529-1804 滋賀県
    甲賀市信楽町勅旨2188-7
    最寄り駅
    信楽高原鐵道「信楽駅」
    電話番号
    0748-83-0909

    詳細

    展覧会内容

    古来より風光明媚な景勝地として、多くの人々に親しまれてきた湖国・滋賀。びわ湖を抱くこの地は良質の陶土を育み、豊かなやきもの文化をつくりだしてきました。中世古窯のひとつ信楽焼をはじめ、近世には街道と〈まち〉を中心に、多彩な陶窯が開かれています。今日ではそうした風土や伝統に魅せられ、各地で幅広い作家たちが活動しています。
    人の精神活動に生活環境が与える影響は少なくありません。四季折々に豊かな風情をつくりだす景観、そして歴史や伝統との出会い…。水と緑が織りなす湖国の自然や文化との対話は、造形に模様また色や質感など、作家の表現にもさまざまな形で作用しています。こうした彼らの創作活動は、湖国・滋賀を象徴する個性のひとつといえるでしょう。
     湖国での日々の暮らしのなかで、彼らは何に興味や関心をもち、作品に表現しているのでしょうか。本展ではこの地の風土と伝統そして交流のなかで、活動を繰り広げる彼らの作品と<ことば>を紹介。現代の多彩な陶芸を展望しながら湖国・滋賀の魅力に迫ります。

    関連イベント

    ギャラリートーク:7月19日(日)、8月16日(日)
    ビデオ上映:信楽焼・湖東焼解説ビデオ

    主催・協賛・後援

    主催:滋賀県立陶芸の森、京都新聞
    後援:滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局

    関連情報

    陶芸館ギャラリー企画
    ・子どもたちの土の造形-本物との出会いから展(7月18日(土)~8月30日(日)) ・陶芸館・新収蔵の逸品展(9月5日(土)~)

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。