KIZUNA 2020 -アートの力美術館支援プロジェクト-  展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20200720日 -  20200725
開催時間
12時30分 - 20時00分
最終日17:00まで
入場料
無料
展覧会の撮影
作品の販売有無
販売有
子連れ
この情報のお問合せ
03-6263-2563  担当:渡部 清子
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
GALLERY ART POINT
住所
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-22-12 藤和銀座一丁目ビル6F
最寄り駅
新富町、銀座一丁目、銀座、東銀座
電話番号
03-6263-2563

詳細

展覧会内容

弊画廊は1969年、コンテンポラリーアートギャラリーとして開廊し、現在までこの銀座の地でたくさんの アーティストの展覧会をプロデュースしてきました。
弊画廊の歴史は、様々な“繋がり““絆-KIZUNA“によって支えられたものであります。
それは第一に画廊とアーティストとの繋がり、そして弊画廊にご来廊いただいたお客様との繋がりであります。こうして受け継がれた歴史を今後は新たな未来に繋げていかなければなりません。

現在、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、私たちは災害や疫病など、命の尊さ、について考える時に直面しております。
弊画廊ではこのような状況だからこそアート作品の本来の力、人の心を豊にする力が必要と考えております。

KIZUNA展では会場の展示以外にも作家様の作品や会場の様子をオンライン番組で紹介し、全国や世界中で自宅待機されている方へ作家の作品の力を届け、不安な心を少しでも安らかに、少しでも心が豊になれるようご紹介いたします。

今まさに、アーティストの作品の力が必要な時だと考えます。
また、新型コロナウイルス感染拡大を受け、芸術文化活動をするアーティストが活動できなくなっている現状があり休館になっている 美術館も数多くあります。

本展では、アートの力美術館支援プロジェクトとして現在運営が厳しくなっている、行政や企業からの助成のない私設の美術館である「原爆の図丸木美術館」に収益の10%を寄付し、作品販売分の収益は全て寄付をいたします。「原爆の図丸木美術館」は埼玉県東松山市で開館している、油彩画家の丸木俊(1912-2000)夫妻が共同制作した連作「原爆の図」を常設展示する美術館です。
命の尊さや重み、命を思う場である美術館を感染の収束後にも、次の世代に未来に繋げていかなければと考えます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。