都市は自然展 CITY is NATURE

⼤久保 英治《森と物の時間物語》2019 年 *本展のために制作された美術館庭園のインスタレーション

⼤久保 英治《森と物の時間物語》2019 年 *本展のために制作された美術館庭園のインスタレーション

openstatus
あと23日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200726日 -  20201123
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    11月は17時00分まで
    最終⼊館は閉館 30 分前
    休み
    ⽊曜⽇(8 ⽉は無休)
    入場料
    有料
    一般1500円、大高生1000円、中小生500円
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    セゾン現代美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    セゾン現代美術館
    住所
    〒389-0011 長野県
    北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
    最寄り駅
    中軽井沢
    電話番号
    0267-46-2020

    詳細

    展覧会内容

    セゾン現代美術館(長野県・軽井沢町)では、2020年7月26日(日)から11月23日(月・祝)まで、「都市は自然」展を開催します。
    本展覧はゲスト・キュレーターに團紀彦を迎え、大久保 英治、磯村 暖、太田 泰友が出展します。

     「共生」という言葉が広くに知られるようになったのは、1970年代より「共生の思想」を提唱してきた建築家・黒川紀章によるところが大きいといえるでしょう。黒川と共に日本発の建築運動「メタボリズム」に参加した建築家・槇文彦に薫陶を受け、現在国内外のプロジェクトで活躍する建築家・團紀彦が、本展の展示構成を手掛けています。2020年より軽井沢町の都市と自然環境に対する提言を行うマスターアーキテクトに就任された團の建築は、その特徴として「自然との共生」を挙げることができます。
     本展では、團の「共生」に関連した作品や画像資料に加え、複数のプロジェクトで團と共同制作をしてきた美術家・大久保英治の新作インスタレーションを展示いたします。
     さらに「共生的社会」と題したセクションでは、当館館長の堤たか雄がキュレーションを担当し、ブックアーティストの太田泰友、独自の視点で社会問題に向き合う磯村暖の近作をご紹介いたします。今まさに、私たちの生活が変わろうとしているなかで、日本の自然観、都市観に基づいた、團紀彦の解釈による「共生」の展観を試みます。
     團は本展に寄せて「新型コロナウィルスは建築空間と多数の人間に深く関わり合っている都市的でグローバルなウィルスだと言える。特定の地域に限定される風土病と違い、あっという間に地球全体を駆け巡る。(中略)人間は魚に例えると回遊魚的でもあリ根魚的でもある。今はこの回遊魚の自由は奪われて、根魚的な生き方の中で何とか生き延びなげればならない。(中略)それぞれの文化的な固有性を出発点とし、その葛藤の中から生まれた根魚の論理としての共生の思想だけが未来への希望の光となることを信じている。ペストは近代を生む陣痛だったと言われたように、コロナ禍もまた次の新しい共生の時代を生むための苦しみであると思う。」と述べています。

    【予防の取り組み】
    ・館内にアルコール消毒液を設置いたします。
    ・受付に飛沫感染防止の設備を設置いたします。
    ・スタッフ、警備員はマスクを着用し、業務に当たります。
    ・ドアノブ、手すりなど、特に多くの方が触れる場所については、定期的に消毒致します。
    ・混雑回避の為、各種イベント等の中止、入館制限、展示室やショップスペースの滞留人数の調整等を行う場合がございます。状況に応じ予告なく実施させて頂く場合がございます。
    ・スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を把握いたします。

    *今後も新型コロナウィルスの感染拡大状況などを踏まえ、展覧会会期の変更等が生じることがございます。
    最新の情報はホームページにてご確認ください。
    https://www.smma.or.jp/

    主催・協賛・後援

    主催:一般財団法人セゾン現代美術館
    ゲスト・キュレーター:團紀彦 (建築家、青山学院大学教授)
    協力:團紀彦建築設計事務所

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。