グループ展 : 再考|Reflection

グループ展 : 再考|Reflection
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20200606日 -  20200808
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    日・月・祝
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    Gallery MoMo
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    GALLERY MoMo Ryogoku
    住所
    〒130-0014 東京都
    墨田区亀沢1-7-15
    最寄り駅
    両国
    電話番号
    03-3621-6813

    詳細

    展覧会内容

     GALLERY MoMo では新型コロナウイルス感染拡大予防の為、4月7日から休廊して参りましたが、長期に渡り影響は続くと判断し、予定されていた個展を延期し、グループ展を実施することに致しました。
     国を超えて世界に蔓延するパンデミックは、多くの人々に長い自粛生活を強いて不安な生活を余儀なくされています。一方この自粛期間で、日頃仕事に忙殺されている人たちが自分の生活と向き合い、シンプルに生きていこうとするような動きも見られました。私たちギャラリーも、自分たちのあり方を再考する機会となり、初心に立ち戻りグループ展『再考|Reflection』を企画いたしました。
     いつでも見に行けると思っていた美術館やギャラリーの展示もコロナの影響で会期を待たず終了したり中止となって、「今」を大事にしなければいけないということを痛感しました。また、オンラインで美術館などが展示や所蔵作品を見られるようになる中、改めて作品はそれだけでなく空間を含めて作品を鑑賞し、体験するということが重要であるということに気づかされました。
     本展では、ギャラリーアーティストの作品を中心に展示する予定ですが、普段のグループ展とは違い、できたての新作をアーティストのアトリエからギャラリーにすぐ運び、期間中に作品を掛け換え展示の内容を変化させていく展示となります。
     オンラインではもちろんですが、実際に作品と展覧会を体験するという場を作っていきたいと考えています。作品と向き合い、想像を膨らませ、様々なことを再考する機会となれば幸いです。
     東日本大震災と同様、日本では経験したことのないこのパンデミックは、今までと同じ意識で生きることは出来ず、今後ニューノーマルな世界で生きざるを得ません。そうした状況はそれぞれの作家にも少なからぬ影響を与えたことは想像に難くなく興味の尽きないことですが、今展では特にそのことは問わず、新型コロナ以前に制作された作品であれ、巣ごもりの中で制作された作品であれ、今まで描きためて来た作品を含め、それぞれの作家のホットな作品を順次展示する予定です。
     ご都合に合わせてご高覧いただくと同時に、引き続き感染予防にもご留意されよう切にお願い致します。

    出展作家
    6月6日(土)- 6月27日(土)
    小橋陽介・早川克己・川島小鳥・石庭美和・藤森詔子・大久保如彌・佐藤栄輔

    6月30(火)- 7月18日(土)※出展作家は変更になる場合があります。
    池田幸穂・古畑智気・吉田和夏・吉田晋之介・福島淑子・ジェイ ムーン・坂本真澄・増田将大

    7月21(火)- 8月8日(土)※出展作家は変更になる場合があります。
    阪本トクロウ・室井公美子・重田美月・高橋涼子・大竹竜太・市野悠・中井章人・平俊介・替場綾乃

    ※みなさまに安心してご来場いただく為、ギャラリーでは定期的な換気、清掃を行い、スタッフの健康管理、うがい手洗い消毒、マスクの着用の徹底をいたします。また、混雑が発生した場合は、入場制限をさせていただく場合がございます。
    ご来場のみなさまにおかれましても、マスクの着用、他の方との距離をあけてのご鑑賞にご協力ください。また、発熱や咳、息苦しさなどの症状があるお客様はご来場をご遠慮いだだきますようお願いいたします。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。