藤村幸生展 花鳥風月

20fujimurayukioten.jpg
openstatus
あと32日後に開催
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200706日 -  20200711
    開催時間
    11時30分 - 19時00分
    最終日は17:00まで
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    g-hinoki@axel.ocn.ne.jp
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャラリー檜e・F
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-9-2 宝国ビル4F
    最寄り駅
    宝町
    電話番号
    03-6228-6361

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    墨や油彩を使った比較的小さな作品を、組み合わせて一つの作品とする、組作品を4点展示予定。
    ギャラリー檜Fでの展覧会です。

    作家のコメント
    つまるところ美術とは、森羅万象この世のあらゆる事物を、画材(支持体含む)という物質に変換させる行為である。
    それは、自然、空気、光、闇、熱、時間(歴史)等モチーフ、さらには思考も感情も趣味も哲学も全て物質として捉えることに他ならない。

    その時、美術はモチーフの物質性と画材の物質性、2つの物質が同居する「しなやかな何か」として存在する。
    例えば、セザンヌによって描かれたリンゴは、瑞々しいリンゴであるのと同時に、油絵具という物質が持つ魅力に溢れている。
    それは、リンゴでもなく、油絵具でもない何かである。

    昨年あたりから空に浮かぶ月や鳥、空気(風)を物質として描けないか?と思い始めた。それが花鳥風月という日本美術の偉大なアイコンと繋がっていると気が付いた時、ミステリー小説で意外な犯人が提示された時のような気持ちの良い驚きがあった。
    日本人でもあり、〝西洋画〟育ちの自分にどのような花鳥風月が描けるのか、少し楽しみである。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。