西川 茂 under construction or destruction 2020 Tokyo

Sealed House 121 -New National Stadium 2 -  970x1940mm  oil, graphite, metal powder on canvas, panel  2020

Sealed House 121 -New National Stadium 2 - 970x1940mm oil, graphite, metal powder on canvas, panel 2020

openstatus
あと3日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200508日 -  20200607
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    月火水
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    Gallery OUT of PLACE
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery OUT of PLACE TOKIO
    住所
    〒101-0021 東京都
    千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda #207
    最寄り駅
    末広町
    電話番号
    03-6803-0248

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    「under construction or destruction 2020 Tokyo」

    2012年11月、東京国立競技場のリニューアルにあたり、建築家ザハ・ハディドのデザインが国際コンペにて最優秀賞を受賞。
    彼女は新国立競技場のデザイン監修者となり、実施案として提出したデザインは、当初の伸びやかで独創的なデザインとはかけ離れたものであったが、
    コストが計画予算のほぼ二倍に当たる2520億円に及び、様々な意見が飛び交う中、2015年7月、建築家ザハ・ハディドのデザインは白紙に。
    紆余曲折を経て、新たに建築家に指名された隈研吾による新国立競技場が完成し、2019年12月21日一般に公開されるに至る。

    2020年4月現在、中国に端を発した新型コロナウィルス禍の影響は世界中に拡大し、
    日本においても誰も想像だにしていなかったオリンピックの延期や大都市封鎖ともいえる事態にまで発展した。
    パンデミック終息の見通しが未だたたない中、万が一オリンピックが中止にでもなれば、
    新国立競技場の建設目的や競技場の存在理由すらも、当初のザハ・ハディドのデザインと同じく白紙に戻ってしまいかねない。

    私が近年、絵画のモチーフとして描いているのは、建設中或いは解体中の、シートで覆われたある種宙吊り状態の建物である。
    かつてそこにあった建物は、シートに覆われ、そのシートの下で解体され、一旦更地となり、新たに建設途中の構造体がシートに覆われて再び姿を現わす。
    特に明治以降の日本の大都市空間においては、こういった建設と解体が、延々と繰り返されて現在の都市を形成してきた。

    それは新しい建物の始まりであり、かつてそこにあった建物の終わりでもある。
    そして覆われたシート(薄い膜)は、かつての場所の忘却と、新たな記憶の狭間を意味することになる。
    人々がこれから何を捨て、何を忘れ、何を見て、何を求めていくのか。
    描かれた仮囲いのその向こうには、変わりゆく風景の移ろい、世情の変容があり、今が更新され未来が続いていく。

    ところで、Sealed Houseを描き始めた当初、各タブローの背景には主題となる建物の周囲の風景をまず描き、
    その後その風景をあえて白く塗りつぶした上に、シートで覆われた建物を描いていた。
    コンセプトは、建物の更新が同時にその場所や風景を、一度更地(白紙)に戻すことであった。

    今回発表するメイン作品「Sealed House -New National Stadium-」は、
    先に記した白紙に戻されたザハ・ハディドによる想像上の新国立競技場のデザインを背景に、
    新たに建設され今後日本の一つのアイコンになるであろう現実の新国立競技場の建設途上を描いたものである。
    それを描こうとしたのは、まさにこの現実と想像上の二つの国立競技場の姿が、
    新たに生まれ(亡くなり)記憶に刻まれ(忘却され)る我々の存在そのものの象徴となることに気づいたからである。
    二つの国立競技場は、私がこの5、6年続けてきたシリーズの中心のコンセプトに最もふさわしいモチーフであることを、
    そして自身の画家としてのアイデンティティに、深く突き刺さるモチーフであることを、今更ながらに確信している。
    文:西川茂 2020年4月

    In November 2012, architect Zaha Hadid's design won the top prize in an international competition for the renewal of the Tokyo National Stadium.
    She became the design supervisor for the new National Stadium, and although the design submitted as an implementation plan was a far cry from the original and expansive design that she had initially proposed.
    In July 2015, architect Zaha Hadid's design was whitewashed amidst various opinions about the cost of the project, which was almost double the planning budget at ¥252 billion.
    After many twists and turns, the newly appointed architect, Kengo Kuma, has completed the new National Stadium, which has opened to the public on December 21, 2019.

    As of April 2020, the effects of the new coronavirus scourge, which originated in China, are spreading around the world.
    In Japan, this has led to the postponement of the Olympics, which no one had imagined, as well as the blockade of major cities.
    With the end of the pandemic still to be seen, if the Olympics are cancelled, it would be a disaster.
    The purpose of building the new National Stadium, and even the reason for its existence, could go back to the original Zaha Hadid design.

    In recent years, I have been painting motifs of buildings under construction or demolition, covered with sheets, which are suspended in a kind of suspended state.
    The buildings that once stood there are covered with sheets, dismantled under those sheets, and once the site is cleared, the new structures under construction reappear, covered with sheets.
    Especially in Japan's metropolitan areas since the Meiji era, this kind of construction and demolition has been repeated endlessly to form the cities we know today.

    It is the beginning of a new building and the end of a building that was once there.
    And the covered sheet (a thin film) would signify the oblivion of a former place and the chasm of new memories.
    What will people leave behind, what will they forget, what will they see and what will they seek?
    Beyond the temporary enclosure, there is a changing landscape, a changing world, a renewal of the present and a continuation of the future.

    By the way, when I first started painting "Sealed House", I first drew the background of each tableau with the surrounding scenery of the subject building,
    and then I drew the background of each tableau with the surrounding scenery.
    After that, I dared to paint the landscape white, and then painted the buildings covered with sheets.
    The concept was that the renewal of the building would simultaneously bring the place and the landscape back to its original state.

    Sealed House -New National Stadium- is a work that depicts the construction process of the new National Stadium,
    which will become one of Japan's icons in the future, against the backdrop of Zaha Hadid's imaginary design for the new National Stadium,
    which was returned to a blank sheet of paper as described above.
    I tried to portray it because I realized that these two national stadiums, real and imagined, would become symbols of our very existence, newly born (dead) and remembered (forgotten).
    I am convinced, after all these years, that the two national stadiums are the most appropriate motifs for the central concept of the series I have been working on for the past five or six years,
    and that they penetrate deeply into my identity as a painter.

    Text by Shigeru Nishikawa, April 2020

    西川茂自身のHPにおいてブログ形式で、自身の作家としての活動やコロナショックに翻弄されるアート界についてなど、日々のエッセイが今後公開されていきます。
    是非アクセスして作家の生の声をお聞きください。
    http://shigerunishikawa.com/

    関連イベント

    レセプションパーティ+トーク:5月9日(土)18:00~19:30 
    作家が在廊いたします。ぜひご参加ください。入場無料
    Reception Party : 18:00 - 19:30 on 9th (sat) May., 2020
    The artist will be present and talk. Admission free.

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。