加納 光於 《地平の蜜蜂》

  • 印刷する
会 期
20111201日 -  20111221
開催時間
10時30分 - 18時30分
休み
日曜休廊
この情報のお問合せ
ギャルリー東京ユマニテ
tel. 03-3562-1305
fax. 03-3562-1306
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャルリー東京ユマニテ
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3562-1305

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

加納光於 (かのう・みつお)は1933 年東京生まれ。独学で銅版画を学び、1950 年代半ばから作品を発表。1960 年代にはリュブリアナ国際版画ビエンナーレ、東京国際版画ビエンナーレなど、数々の国際展で評価を高め、日本を代表する作家のひとりとなりました。その後1980 年代からは色彩豊かな油彩作品を発表。国内外の美術館で個展を行い、2000 年に愛知県美術館で大規模な個展が開催。2005 年には再度、リュブリアナ国際版画ビエンナーレの日本代表として版画作品を出品。近年はほぼ隔年ごとに新作を発表し精力的に活動を続けています。

ここ数年、加納は鳥や楕円のような形を組み合わせ、色彩の洪水ともいえるダイナミックな作品を発表。前回は動きのあるストーリィを感じさせる7mもの大作で圧倒的な存在感を与えました。今回の新作は紙に描かれた作品ですが、以前入手したフィリピン産の土壁を思わせる素材感のある紙や、和紙、BFK などを使い、また新しい素材として柿渋を多用しています。画面いっぱいに飛沫がほとばしる柿渋は、以前からその色彩の変化に興味があったものの中々手強い相手だったようです。
また、今までは具体的なフォルムが殆どありませんでしたが、70 年代のBox オブジェに若干姿を見せていた加納自身の手や、自宅庭にあるアカンサスの葉が重要なシルエットとなり激しくも神秘的なイメージを醸し出しています。

今年3 月11 日以降、加納は今までの仕事を振り返る時を持ち、より生命感ある具体性を持った形と、馴染みのなかった紙、柿渋、水彩との出会いで新たな作品が生まれました。それは今まで続けてきた仕事に対して確信が持てた結果だったようです。

今回の個展は、1年半ぶりの新作展になりますが、76x56cm のサイズを中心に紙に描かれた約20 数点の出品となります。
次々と新たな展開を見せる加納光於の新作をお見逃しなく、この機会に非ご高覧下さい。

[展示内容]
紙に水彩、柿渋の作品 (76x56cm 中心)20数点

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。