松澤宥―イメージとオブジェにあふれた世界

松澤宥―イメージとオブジェにあふれた世界

松澤宥―イメージとオブジェにあふれた世界

タグ
  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20200222日 -  20200302
開催時間
15時00分 - 20時00分
休み
水・木
入場料
無料
この情報のお問合せ
パープルームギャラリー
情報提供者/投稿者
開催場所
パープルームギャラリー
住所
〒252-0241 神奈川県
相模原市中央区横山台1丁目
最寄り駅
相模原
電話番号
-

詳細

展覧会内容

本展は松澤宥(1922〜2006年)を「50年代から60年代のドローイング」、「30年代の子ども時代に描かれた作品」、「プサイの部屋の記録映像」の三つのセクションに分けて紹介します。パープルームギャラリーに加えその上階にある私塾、パープルーム予備校の空間も使って松澤のイメージとオブジェにあふれた実験場を追体験しようという試みです。

昨年、弊廊で開催された「オブジェを消す前に -松澤宥 1950-60年代の知られざるドローイング」展は松澤が1964年6月1日に「オブジェを消せ」という啓示を受ける以前のドローイング作品に着目した展覧会でした。松澤につきまとう「日本概念派」というタグを一度とりはずし、松澤のドローイング作品の位置付けと可能性について再考を促しました。
今回、開催する「松澤宥―イメージとオブジェにあふれた世界」展は昨年の展示の流れを汲みつつも、さらに射程を広げます。未だ研究がなされていない松澤の初期ドローイング作品はもちろんのこと、子ども時代の作品にまで遡って紹介し分析します。それによって松澤宥という作家が生涯を通していかにイメージの中で想像力を育んできたのかが、あらためて浮き彫りになることでしょう。

松澤作品を「図画工作と制度としての美術」、「日本と海外」、「戦前と戦後」といった区分から距離をとって考えることは可能なのか。また、参照すべき過去のリソースは、今こうしている間も増え続けていますが、松澤の初期ドローイング作品からわたしたちは、いったい何を受け取ることができるのでしょうか。

本展が松澤作品に固有性や特異点を見出し、特権化、神格化を推し進めていくのではなく、「人が絵を描き、イメージで思考する」という、今を生きるわたしたちにとって、ごく当たり前の行為について省みる機会になれば幸いです。

※本展の会期が2月22日から3月2日なのは1922年2月2日の午前2時に生まれた松澤が「2」という数字に強いオブセッションを抱いていたこと、そしてわたしたちが敬愛してやまないビジュアル系ロックバンド「愛狂います。」が2007年2月22日に本格始動し2012年2月22日に解散したことに由来します。

梅津庸一(パープルーム)

主催・協賛・後援

企画|パープルーム (梅津庸一)
協力|一般財団法人松澤宥プサイの部屋

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。