松木宏祐写真展「ニュー・ホーム・スイート・タウン」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20200307日 -  20200315
開催時間
12時00分 - 19時00分
入場は18:30まで。
休み
月・火・水・木・金曜日
入場料
有料
鑑賞料:500円
作品の販売有無
販売有
子連れ
可 (小学生未満のお子様は無料で鑑賞が可能です。 必ず年齢の分かる保険証等をお持ちください。お持ちでない場合は年齢確認が出来ない為、鑑賞料が必要です。 また、作品を毀損する恐れのある行為(作品を触る、走り回ったりするなど)や、作品鑑賞の妨げとなる行為がある場合は退場頂く場合がございます。 保護者の方はくれぐれもご注意ください。)
この情報のお問合せ
【本件に関するお問い合わせ】
会社名:RIVIERE(リヴィエール)
E-Mail:info.riviere@urdarkroom.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Galerie de RIVIERE
住所
〒564-0062 大阪府
吹田市垂水町3-1-17
最寄り駅
豊津駅
電話番号
000-0000-0000

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

大阪・吹田のGalerie de RIVIERE(ギャルリ・ド・リヴィエール)は、松木宏祐氏の個展【松木宏祐写真展「ニュー・ホーム・スイート・タウン」】を、2020年3月7日(土)から2020年3月15日(日)まで開催いたします。

【Galerie de RIVIERE コメンタリー】

松木氏と初めてお会いしたのは、2018年にリヴィエールで開催した展示をご鑑賞くださった時でした。その帰り際に松木氏が東京に上京する少し前から、奥様が妊娠されるまでの期間をまとめた写真集「群青」を頂き、写真ともその日に出会うことが出来ました。

頂いた写真集「群青」は東京で個展を開催され、その後関西に巡回はなく、松木氏の写真展をぜひ関西で開催していただきたいと思い、声を掛けさせて頂きました。

リヴィエールがある吹田市出身というご縁もあり、リヴィエールからの誘いに応えてくださり、この度個展を開催していただくことが実現しました。

高校の授業でピューリッツァー賞をとった沢田教一の写真をみて、衝撃を受けたことがきっかけで、祖父の形見のカメラを譲り受けて写真を始めた松木氏。

スタジオ勤務とアシスタントを経て独立、現在は東京でカメラマンとしてコマーシャルフォトを中心に精力的に活動されています。

カメラマンとして写真を仕事に活躍されながら作品を残すことについて、松木氏は「仕事はクライアントの要求に対して、仕事の内容によっては自分だけではなくチームで取り組み、自分の主張を呑み込むときもある。一方、作品は誰に頼まれることでもなく撮っていて、エゴイストで良い。誰しもが共感できるというよりは、少ない人数でも深く感動してもらいたい。自分自身が感動したいという思いもあるので、自分が面白がれたらいいなと思っています。」と、自身の考えを教えて下さいました。

今回の「ニュー・ホーム・スイート・タウン」は、松木氏が「群青」でまとめられた「上京前から奥様の妊娠まで」よりも前の、「写真を始めた高校生の終わりくらいから東京に上京するまで」に撮影された、23歳までの青春時代を過ごした吹田という地域を中心に、影響を受けた地元友人との日々などをテーマにした作品です。ぜひご高覧下さい。

松木氏の個展を開催出来ることを光栄に思うと共に、これからも松木氏の作家活動を支援して参ります。

Galerie de RIVIEREは招待展示を通じて、ギャラリーとして様々な表現活動を行う作家の支援を行って参ります。

【松木 宏祐氏 ステートメント】

吹田に住んでいた17歳から23歳までに撮った写真です。
何者でもなく衝動で撮っていたあの頃を、いつでも僕は眩しく思っている。

主催・協賛・後援

リヴィエール

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。