記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ

ニーノ・カルーソ 《アーキスカルプチャー(セジェスタ)》 1988-91年

ニーノ・カルーソ 《アーキスカルプチャー(セジェスタ)》 1988-91年

openstatus
あと13日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200227日 -  20200412
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    2月27日(木)は11時00分から
    ※入館は17時30分まで
    休み
    入場料
    有料
    一般900円 (800円)、 大学生700円 (600円)、 高校生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金 ※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1 名まで無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    岐阜県現代陶芸美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    岐阜県現代陶芸美術館
    住所
    〒507-0801 岐阜県
    多治見市東町4-2-5
    最寄り駅
    多治見
    電話番号
    0572-28-3100

    詳細

    展覧会内容

     イタリア現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソ(1928-2017)は、神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとしています。初期は、自身のルーツであるシチリアの記憶と結びつけた装飾的な器物を制作していましたが、次第に古代ローマやギリシャ、エトルリアの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かいます。こうしたカルーソの表現は、日本を含め世界中で高い評価を得ています。
     またカルーソは、美濃焼で知られる当地の世界的なコンペティション、国際陶磁展美濃の第1回展(1986年)から第6回展(2002年)まで審査員を5度歴任するなど、美濃にもゆかりが深く、この国際陶磁器展美濃は、2020年秋に第12回の開催を迎えようとしています。
     本展は、ニーノ・カルーソの偉業を、92点の代表作と数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介する、日本で初めての本格的な回顧展です。

    [見どころ]
    没後世界初、そして日本初の回顧展
    イタリアを拠点に世界で活躍し、その知性と造形性が高く評価されたイタリア現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソの没後初めての回顧展です。
    本展開催は、京都会場(京都国立近代美術館 会期2020.1.4─2.16)と岐阜会場(当館)のみ。活動を始めた1950年代頃の造形的な器物から鉄の彫刻、そして鋳込みの技法で制作した陶パーツ(モジュラー・ユニット)を組み合わせる作品まで、代表作92点と作品の構想過程がうかがわれる資料を展示します。初期から晩年に至るカルーソの造形世界を知る決定版となります。

    古代と現代を結ぶ空間を展示室で体感
    カルーソは、神話性、象徴性を制作のテーマの一つにしていました。初期は古代ギリシャのアンフォラやエトルリア文明の文物、シチリアのアッダウラの岩石のざらついた質感にイメージを得るなど、古代の記憶と結びつけた装飾的な器物を手がけました。そして次第に古代ローマの遺跡を思わせる壁面や柱、門などの形態の作品によって、古代と現代を結ぶ空間の構築へ向かいます。
    展示される作品は、現代の空間と融合しながら人々に古代地中海文明への憧憬を誘うことでしょう。

    発泡スチロールを使った画期的技法で生まれたモジュラー・ユニットがつくりだす世界
    1960年代中頃以降、カルーソは発泡スチロールを伝熱線で複数のパーツにカットしたものを原型として、鋳込み技法で作品制作を行うようになります。これは土や石膏で原型を作ってきた陶磁器業界・陶芸界において画期的なものでした。カルーソはこの技法でつくられたモジュラー・ユニットを組み合わせ、空間を構成することの可能性を拓きました。そして多くの公共建築を彩り、マラッツィ社などの著名な陶磁メーカーからは、カルーソデザインの様々なタイルやスクリーンなどが発売されました。これらの作品群は、空間に特有のリズムを与え、高い評価を獲得しました。

    関連イベント

    〇講演会「父 ニーノ・カルーソを語る」(通訳付き)
     講師:アンドレア・カルーソ氏(彫刻家)
     日時:2月29日(土)14:00-15:30
     会場:岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム *参加無料・要事前申込(電話・メール)[受付開始:1月18日(土)]

    〇スペシャルジャズコンサート「野々田万照 Pax Romana」
      演奏者:野々田万照氏(サックス奏者)ほか
     日時:3月21日(土)14:00-15:00
     会場:セラミックパークMINO イベントホール *参加無料・要事前申込(電話・メール)[受付開始:2月1日(土)]

    〇特別ギャラリートーク
     講師:大長智広氏(京都国立近代美術館研究員)
     日時:3月8日(日)14:00-15:00 *要観覧券・事前申込不要

    〇ギャラリートーク 
     当館学芸員による展示解説
     日時:3月15日(日)、3月29日(日)14:00-14:45 *要観覧券・事前申込不要

    ■申込方法 : お電話(0572-28-3100)またはメール(momca2019event@gmail.com)にてお申し込みください。
    *メールの件名には、参加を希望される催事の日にちをご記入ください。

    主催・協賛・後援

    主催:岐阜県現代陶芸美術館、京都国立近代美術館
    共催:岐阜新聞社 岐阜放送
    協賛:国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会

    関連情報

    同時開催:岐阜県現代陶芸美術館ギャラリーⅡ
         コレクション展
         令和改元記念事業 題名のない展覧会―Give Me a Name! /
         コレクション・ハイライト/ 新収蔵作品展

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。