大坂秩加展 「良くいえば健気」

  • 印刷する
会 期
20111112日 -  20111210
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
日曜・月曜・祝日休み
クリエイター在廊

11/12
この情報のお問合せ
ギャラリーモモ両国
TEL 03-3621-6813
FAX 03-3621-6814
情報提供者/投稿者
開催場所
GALLERY MoMo Ryogoku
住所
〒130-0014 東京都
墨田区亀沢1-7-15
最寄り駅
両国
電話番号
03-3621-6813

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

度GALLERY MoMo Rygoku では11月12 日( 土) から12 月10 日(土)まで、当ギャラリーでは初個展となります大坂秩加展「良くいえば健気」を開催いたします。
 大坂秩加は1984 年東京都生まれ、東京藝術大学では油画を専攻、その後大学院修士課程に進んで版画を学び、今年3 月修了しました。在学中の2009 年には、当ギャラリーでのグループ展「Hop Step Jump」にて見事なHop 役としてデビュー、その後のエマージング・ディレクターズ・アートフェア「ULTRA002」で一躍脚光を浴びました。同年の版画協会展に於いて立山賞を受賞し、翌年シロタ画廊での受賞記念展で多くの人に注目され、その年のシェル美術賞展では審
査員賞を受賞、その評価を揺るぎないものにしました。
 大坂の作品は、浮世絵の技法を版画から水彩に至るまで援用、衣装や小物、さらに背景に至るまで日本的な様式と文様をリアルに描き、古風でありながら艶やかな半面、描かれる人物は作家と等身大、その内容とともに極めて現代的なテーマを内包しています。
 制作にあたっては言葉をモチーフにし、言葉から想像される場所や人物からひとつの物語を紡ぎ、そのワンシーンを切り取って描きます。作品に添えられた言葉や物語は、見る人の解釈を限定させる危険性を持っていますが、大坂作品の特質はそこにこそあり、言葉が作品の補完のためにあるのではなく、創造のためにあることで、作品の一部と考えるべきかも知れません。
 今般の震災は、大坂にとってもしばらく制作に向かえないほどの衝撃を与えました。しかしそんな過酷な状況を経てもなお淡々と日常を生き抜く人間の、その姿が懸命であればあるほど、どこか滑稽で間が抜けている健気な姿に、限りない愛情を抱き、自身もいつの間にか励まされてもいるようです。
 今展では 、そうした水彩作品や版画など新作20 点ほどを展示する予定です。ご高覧お待ちしています。

変化していく日本や世界の状況。それでも個人単位の「日常」生活は淡々と続いています。
変わらず懸命に夢を見たり、働いたり、妬んだり、恋をしたりして、生きているのではないでしょうか?
懸命さは時に、滑稽でまぬけに見えることもありますが、私はそういう人間が好きです。
そういった、本人たちは気づいていない健気が故の面白さを、私は改めて描こうと思いました。
皮肉として受け取れる作品も中にはありますが、これは非難ではなく意地悪です。
私は本当に大好きな人やものにしか意地悪はしません。これは、健気な人へ私からのラブレターなのです。
2011 年 大坂秩加

関連情報

オープニングレセプション:2011年11月12日(土) 18:00 - 20:00

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。