小さなデザイン 駒形克己展

『Little Tree』 ワンストローク 2008年

『Little Tree』 ワンストローク 2008年

openstatus
あと29日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200401日 -  20200510
    開催時間
    10時00分 - 20時00分
    休み
    4月21日(火)
    入場料
    有料
    一般:400(300)円 学生:300(200)円
    ※( )は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金 ※再入場可 ※高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料 ※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料
    展覧会の撮影

    一部可
    この情報のお問合せ
    三菱地所アルティアム
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    三菱地所アルティアム
    住所
    〒810-0001 福岡県
    福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
    最寄り駅
    福岡
    電話番号
    092-733-2050

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    造本作家 駒形克己のグラフィックデザインや絵本制作などこれまでの足跡をたどる展覧会を九州初開催

    駒形克己(1953年生)は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナーです。日本デザインセンターで永井一正のもと初期のキャリアを積んだ後、アメリカに渡り、ニューヨークでは CBS本社やシェクターグループでグラフィックデザイナーとして活躍しました。 1983年に帰国してからはオフコースや安全地帯などのレコードジャケット、コムデギャルソンなどのファッションブランドの招待状などのデザインを手がけています。1989年に誕生した長女の成長に向き合うことから絵本を作り始め、新しいタイプの絵本として注目を集めました。現在は絵本に加え、ワークショップ活動で国際的に活躍しています。また、九州では、九州大学病院小児医療センター病棟の環境デザインを手がけています。

    本展は、アメリカ時代の実験的な試作から、音楽、ファッションでの仕事、絵本の試作やスケッチまで、駒形の初期から現在までの足跡をたどる初めての展覧会です。特に、普段は見ることのできないアイディアやスケッチ、絵本の試作品の数々は、作品の制作過程と駒形の思考を辿ることのできる貴重な資料です。また、駒形の絵本表現の特徴である切抜きや変形ページの魅力を立体的な展示で紹介します。
    駒形は「小さなこと」を大切にしてきました。手に収まる小さなサイズ、少数の人々とささやくような関係性から生まれた作品にご注目ください。

    関連イベント

    ※ワークショップ、ギャラリートークを予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、これら二つの関連イベントを中止いたしました。

    主催・協賛・後援

    主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
    後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団
    特別協力:ワンストローク
    企画協力:ブルーシープ

    関連情報

    ■巡回情報(いずれも予定)
    岩手県立美術館 2020年9月5日~11月3日
    足利市立美術館 2020年11月14日~2021年1月10日

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。