Hiroyuki Hagiwara × Yusuke Kikuchi Photo Exhibition 「one week」

301E1F38-72FD-4EA1-AC78-1B207E8E8B0E.JPG
openstatus
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20200216日 -  20200229
    開催時間
    10時00分 - 19時00分
    休み
    木曜日(20日・27日)
    クリエイター在廊

    詳細はSNSなどで、ご案内いたします。
    入場料
    無料
    ※カフェなのでワンドリンクオーダーお願いいたします。
    子連れ
    この情報のお問合せ
    萩原博之
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    伊東屋珈琲2号店
    住所
    〒376-0035 群馬県
    桐生市仲町3-15-20
    最寄り駅
    桐生
    電話番号
    0277-46-7878

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    写真が持つストーリーは、一瞬であり、永遠となる。
    1枚の写真として刻まれたその風景は、観るものの心に触れ、何かを伝えていく。
    淡々と過ぎていく日々の中で、わたしたちはそれぞれの物語の中を生きている。
    本当は映画よりもドラマチックかもしれない、いくつものシーンの連続を。
    その断片を、切り取ることができるのが写真だと思う。
    一週間という時間の流れの中、見えてくるのはどんなストーリーだろうか。
    2人の写真家が見せる一つ一つのシーンをご覧ください。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    <作家略歴>

    萩原博之 ・ Hiroyuki Hagiwara
    1977年 群馬県桐生市 生まれ
    2017年 熊谷聖司 写真ワークショップ(1期)参加
    2018年 PENSEE GALLERY (群馬県)個展「そこはかとなく」
    2019年 monogram(東京都)個展「在るものが無いものになる、無いものが在るものになる」

    菊池雄介 ・ Yusuke Kikuchi
    1986年群馬県出身。
    2013年より記憶の曖昧さと美しさをテーマに写真活動をはじめる。
    作品では風景写真を中心にしながら、ライブフォトやMVなども撮影・編集。
    2017年より群馬県桐生市を中心に活動中。
    不確かで掴みようのないものが持つ美しさを、写真という表現方法を通して伝えている。

    Mail: 2door4nema@gmail.com
    HP: http://54kmh.tumblr.com

    関連イベント


    熊谷聖司スライドショー
    「オーラクマガイセイジ」
    2020.2.22(土)
    18:00〜19:00 (17:30開場)
    参加費 ¥2,000−
    ※カフェなので、別途ワンドリンクオーダーお願いいたします。

    ご予約は下記までよろしくお願いいたします。

    熊谷聖司スライドショー予約申込み
    お名前、ご連絡先、参加人数をお知らせください。

    mail: onoe361@gmail.com

    -------------------------------------------------------------------------------------------
    本展を行うにあたって、昨年11月 萩原の個展でのトークイベントを
    きっかけに、写真家 熊谷聖司さんとのコラボレーションが頭に
    浮かんだと菊池さんは云います。
    スペシャルイベントとして、熊谷聖司さんをお招きして、
    また桐生でアナログ式の映写機を使ったスライドショー
    を上映いたします。

    熊谷さん自身が映写機の操作はもちろん、
    ギターで音を奏でます。
    さらに、菊池さんも演奏参加いたします。

    スライドショー「オーラクマガイセイジ」は、
    「FOCUS」シリーズより派生したもので、
    1999年-2018年までの間に断続的に作られた作品で、
    カメラのピントを最短距離に合わせ撮影する。
    おのずと「ピント」がずれた写真が出来上がる。
    「乱視の眼で世界をとらえるピントのはずれた
    写真たちは、なにが写っているということより
    ひかりそのものが織りなす、淡い色や形を想起させる」
    是非、移り変わる写真のスライドと共に
    背景的でアブストラクトな音空間を体感してください。

    関連情報

    本展に関するご質問やお問い合わせは下記までお願いいたします。
    萩原博之
    mail: onoe361@gmail.com

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。