萩永麻由加 ミニチュア展「世界の朝ごはん」〜People's Eats for Breakfast〜

《no title》2016〜2019 年,2cm〜10cm,樹脂粘土 他

《no title》2016〜2019 年,2cm〜10cm,樹脂粘土 他

openstatus
あと7日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200201日 -  20200301
    開催時間
    13時00分 - 19時00分
    最終日17時00分まで
    休み
    火・水・木
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    bgm gallery and shop
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    bgm gallery and shop
    住所
    〒600-8114 京都府
    京都市下京区早尾町313-3 五条モール1F 102
    最寄り駅
    清水五条
    電話番号
    -

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    朝ごはん、何食べた?と聞かれたら、なんと答えますか?「食パンとコーヒー」とか「ヨーグルトだけ」とか「食べない」とか、きっと十人十色。今回の展示では世界に暮らす人たちの、いつもの朝食を手のひらサイズのミニチュアで再現します。

    「現地に暮らす友人たちに、〝ある日の朝食〟の写真を撮ってもらいました。気取らない、でもとってもおいしそうな朝ごはんが、エピソードといっしょに集合しました」。展示では約15 ヵ国、20 の町の朝ごはんをミニチュアで紹介。その土地の空気感が伝わってくるような朝ごはんの食卓と、送ってくれた人たちの写真やエピソードとともに展示します。

    普段は京都市東山区にあるお店「BONCHI Kyoto」で、主に外国人観光客向けにミニチュアフード・ワークショップを開いている萩永さん。「日本の食文化をミニチュアで伝えたいとはじめたのですが、今回の展示はその反対。外国の朝食文化を日本の方に伝えたいと思っています」

    ミニチュアフードは樹脂粘土やエポキシ樹脂を使っており、素材の色に着色したあと成形したり表面のテクスチャを作っていきます。「おいしそうと思ってもらえるように小さすぎないサイズにしています。またできるだけ年齢や経験に関係なく上手に再現できるように工夫しています」。

    今回のテーマは、毎日の食事の中で朝食がいちばん個性がでるのでは、と思って選んだもの。「朝ごはんって食べない選択肢もあるし、例えば週末にだけ食べるお楽しみ朝ごはんとかもあって。作っていると思わず微笑んでしまうような、気持ちが緩むものが多いです」。そして一緒に送られたメッセージがとても興味深かったと言います。「外国の“いつも”から、私もいつもの暮らしの楽しみ方を学んだ気がします」

    展示では実際にミニチュアフードを作っているところを見てもらえる機会も計画中です。手のひらに広がる〝世界〟をぜひ楽しみに来てください。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。