「ANDROGYNOS:田中奈津子」展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20200110日 -  20200126
開催時間
11時00分 - 19時00分
*金曜日のみ20:00まで
休み
月曜休廊
入場料
無料
この情報のお問合せ
【Tel】 075-231-0706
【Mail】 info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2020年1月10日(金)から26日(日)まで、田中奈津子による個展 「ANDROGYNOS」を開催いたします。
 2007年に京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了した田中奈津子は、在学中より個展やグループ展などに取り組み、2020年には3月に開催される「VOCA展2020 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」(上野の森美術館・東京)に出品するなど、精力的に制作・発表活動を続けています。
 本展は田中の新たな取り組みとなる「ANDROGYNOS(両性具有)」シリーズにより構成されるものです。本シリーズ作品の制作にあたり、田中は現在まで何度もヌードクロッキーに出かけ、男女のモデルを大量に描いています。アトリエではそのクロッキーから線を抽出し、キャンバスに描き写しますが、それは1枚のクロッキーから線を抽出し終えるとキャンバスを回転させ、また新たな線を重ねるというもので、結果、1枚の絵画には何枚(4〜20枚ほど)ものクロッキーからの線が重なり、その画面は次第に抽象性を帯びていきます。田中にとってこのプロセスは、そのものが目的ではなく、「見たものを描く」行為を「画面の出来事」へと転換するための「きっかけ」として機能しているように思えます。またそのプロセスを辿るうちに、男:女、具象:抽象、現実:虚構、存在と不在、線と面といった、様々な項が綯交ぜとなった画面が現れます。
 
 なお、会期中には、聞き手に真武真喜子氏(Operation Table キュレーター)をお招きしたアーティスト・トークを行ないます。これにより新作「ANDROGYNOS」についてのお話とともに、近年の田中の作品の変遷やそれぞれの取り組みの関わりを一連で知ることが出来るのではないでしょうか。

関連イベント

アーティストトーク
 1月18日[土] 17:00〜18:30
 予約不要・入場無料
 聞き手:真武 真喜子(Operation Table キュレーター) 

主催・協賛・後援

Gallery PARC

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。