収蔵品展「江戸屋敷に暮らした家臣ー武士の家系図2-」

文京ふるさと歴史館令和元年度収蔵品展
openstatus
あと22日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200208日 -  20200315
    開催時間
    10時00分 - 17時00分
    休み
    毎週月曜日 ただし2月24日は開館、翌25日休館
    クリエイター在廊
    入場料
    有料
    一般100円・団体(20人以上)70円
    中学生以下・65歳以上は無料
    展覧会の撮影
    この情報のお問合せ
    03-3818-7221
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    文京ふるさと歴史館
    住所
    〒113-0033 東京都
    文京区本郷4-9-29
    最寄り駅
    本郷三丁目
    電話番号
    03-3818-7221

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    江戸時代の文京区域には、加賀藩前田家、水戸藩徳川家など、多くの大名家が屋敷を構え、その家臣たちが生活をしていました。本郷の福山藩阿部家丸山屋敷も、そのような大名屋敷の一つです。
    令和元年度収蔵品展では、平成二六年度に文京区に寄贈された、福山藩士山岡治左衛門家の資料を紹介します。山岡治左衛門家は長く阿部家に仕え、大名家の家臣の仕事と生活に関する資料が多く伝えられてきました。
    近江国(現、滋賀県)の戦国武将だった山岡氏は、本能寺の変の際には瀬田の唐橋を巡って、明智氏と戦いました。江戸時代になると、一族の山岡政次が慶長一三年(一六〇三)頃に阿部家に仕官し、山岡氏は明治にいたるまで、代々阿部家に仕えました。山岡家には、代々の当主に関する資料と共に、阿部家に仕える家臣としてのマニュアルや幕末維新期の福山藩の記録など、さまざまな資料が伝えられています。
    阿部正弘直筆の書幅や勝海舟、松平春嶽の書簡など、貴重な未公開資料も展示する予定です。ぜひ御来館ください。

    関連イベント

    【展示解説】
    2月16日(日)、27日(木)、3月10日(火) 各回14:00~ 30分程度 申込不要・当日直接会場へ

    主催・協賛・後援

    文京ふるさと歴史館

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。