安井鷹之介 個展「OK Plastic」

The God Gone
openstatus
あと1日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200217日 -  20200223
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    最終日は17時00分まで
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊

    会期中在廊
    入場料
    無料
    展覧会の撮影
    作品の販売有無
    販売有
    子連れ
    この情報のお問合せ
    MEDEL GALLERY SHU
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    MEDEL GALLERY SHU|愛でるギャラリー祝
    住所
    〒100-0011 東京都
    千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルプラザ2F
    最寄り駅
    日比谷
    電話番号
    03-6550-8111

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    本展では彫刻家カミーユ・クローデル にスポットしたテーマの作品を主に展示します。

    ロダンの弟子でもあり、肉体的にも精神的にも結ばれたカミーユに、今、強烈に惹かれるわけには、現代の資本主義社会の中のハラスメントや男女差別などの主従関係からはびこる問題に対する観念が我々に備わっていて、そこで育まれた琴線にふれるからでしょう。

    安井鷹之介は、自分のつくる「半透明の彫刻」がそれを望む窓となり、強者と弱者の関係に可塑性を与えることで見えてくる憂いや、関係が入れ替わって見えるさまの柔軟さに接していたいだけかもしれません。

    唯一無二の感性で、彫刻と絵画を手がける新進気鋭の現代美術家、初のソロエキシビジョン。
    新進気鋭の20代作家、安井鷹之介氏が単独で行う初の個展。
    現実と理想、能動性と受動性などの二項の間に介在するものを、人物や風景を通してシワくちやなドレープ状のテクスチヤーが特徴的な「物質的な絵画」と「絵画的な彫刻」で表現します。

    【安井鷹之介(やすいたかのすけ) プロフィール】
    1993年愛知県生まれ。 2019年東京藝術大学彫刻科卒業。 2019年から東京を拠点に活動中。過去の事象ではなく、現代の人物やモチーフ、風景を、西洋彫刻のメソッドを絡めた独自の支持体の上に表現し、絵画や彫刻を生み出す現代美術家。

    主催・協賛・後援

    MEDEL GALLERY SHU

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。