操上和美 「陽と骨Ⅱ」

「陽と骨Ⅱ」 2011年 polaroid, paper size: 7.9 cm x 7.8 cm each, unique
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20111029日 -  20111116
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    休み
    定休日: 日・月・祝祭日
    この情報のお問合せ
    タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム 03-6447-1035
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Taka Ishii Gallery Photography / Film
    住所
    〒106-0032 東京都
    港区六本木 5-17-1 AXISビル 2F
    最寄り駅
    六本木
    電話番号
    03-6447-1035

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    タカ・イシイギャラリー フォトグラフィ―/フィルムは、最新作品集『陽と骨Ⅱ』の発刊に合わせ、10月29日から11月19日まで操上和美 個展「陽と骨Ⅱ」を開催いたします。本展では、作品集収録ポラロイド作品8点と、同収録ポラロイド作品を180 x 180 cmに引き伸ばした大プリント2点を展示いたします。

    「陽と骨」について
    日常の中で、あるいは旅の途中で、シャッターを切る瞬間は音の感じがしない。
    視ることに集中する意識の空白の中、ただシャッターの音だけが響く。
    風が止み、ふと時が静止する瞬間、そこには死の影が訪れる。そんな直感で生理のおもむくままに視覚を世界に泳がせて狩り集めた記憶の断片。これらのイメージの集積を『陽と骨』というタイトルで、モノクロとカラー2冊の写真集に纏めたのが1984年。
    1972年に発売されたポラロイドSX-70。薄いBOX型のこのカメラを使う時は、反射的反応というより、思考的な観察になる。正方形のフレームの中に立ち現れるイメージは、立体感とリアリティーが欠落した、どこか夢の記憶のような浮遊感があり、その表皮的な映像は、存在するすべてのものたちが等価値のイメージとして顕在化するのが魅力だ。
    『陽と骨Ⅱ』は、SX-70で撮影したポラロイド写真を、スキャンしたデータよりインクジェットプリントしたものである。

                                                         2011年8月 操上和美

    1965年に写真家として独立して以来、46年にわたり広告写真・CMの第一線で活躍してきた操上は、これらの仕事とは別に、テーマを設けず自身が触発された対象物を撮影した作品集も発表して参りました(『陽と骨』1984年と『Diary』2005年)。撮影の際に大切なことは他人とは異なる生理・直感を持つこと。そしてその感覚に瞬時に反応することだと操上は語ります。被写体に感応・反射する感覚をより先鋭化するために撮影されたこれらの作品集は、操上の写真家としての美意識を凝縮したエッセンスと言えます。
    『陽と骨Ⅱ』には、1972年から2011年まで、操上がポラロイドSX-70により撮りためた作品120点が収録されます。ポジフィルムには現れないポラロイド特有の非現実感により、構築的感覚を刺激された操上の、39年にわたる実験的作品群を是非この機会にご観覧ください。

    関連情報

    オープニング・レセプション:10月29日(土)18:00-20:00

    操上和美 『陽と骨Ⅱ』
    販売価格:¥126,000-(税込) 東京パブリッシングハウス刊(2011年) 35部限定(うち10部非売)、244頁、掲載作品120点、金属製表紙に刻印、H 25.4 x W 19 x D 6 cm

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。