森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私

映像作品「エゴオブクスクラ」より 2020(参考写真)撮影:福永一夫 ©Yasumasa Morimura

映像作品「エゴオブクスクラ」より 2020(参考写真)撮影:福永一夫 ©Yasumasa Morimura

openstatus
あと50日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20200125日 -  20200412
    開催時間
    11時00分 - 17時00分
    水曜は20時00分まで/入館は閉館時間の30分前まで
    休み
    月曜(2月24日は開館)、2月25日
    入場料
    有料
    一般 1,100円、大高生 700円、小中生 500円/原美術館メンバーは無料、学期中の⼟曜日は⼩中⾼⽣の⼊館無料/20名以上の団体は1⼈ 100 円引
    展覧会の撮影
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    原美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    原美術館
    住所
    〒140-0001 東京都
    品川区北品川4-7-25
    最寄り駅
    品川
    電話番号
    03-3445-0651

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    名画や映画の登場人物あるいは歴史上の人物に自らが扮するセルフポートレイト作品で知られる森村泰昌は、巧みなメイクや衣装で、時代や人種、性別を超えて様々な人物に自らが成り代わり、制作を通して原作やその背景に独自の解釈を加えてきました。
    本展では、自らが脚本を手がけ自演する映像作品「エゴオブスクラ」と、この映像を用いて会期中開催される作家自身によるレクチャーパフォーマンスを通じて、作家は日本近現代史、文化史に言及します。戦前の教えが否定され日本人に広がった「空虚」、そこは西洋の価値観で埋められていきました。1951年、大阪に生まれた森村は、その時代の日本で教育を受けた個人的経験から、やがて「真理や価値や思想というものは(中略)いくらでも自由に着替えることができるのだ。」(映像作品「エゴオブスクラ」より)という発想を導きます。森村は耳慣れない言葉「エゴオブスクラ(Ego Obscura)」に「闇に包まれた曖昧な自我」という意味を込めました。愛情のみでは語りつくせない母国への複雑な感情をにじませながら、森村は「さまよえるニッポンの私」とは何かを模索します。

    [展覧会の見どころ]

    1、レクチャーパフォーマンス「エゴオブスクラ東京2020バージョン」
    会期中作家自身によるレクチャーパフォーマンス「エゴオブスクラ東京2020バージョン」をご覧いただけます。
    日程(予定):いずれも16:00〜17:00
    1月25日(土)、1月26日(日)、2月22日(土)、2月23日(日)、3月20日(金祝)、3月21日(土)、4月11日(土)、4月12日(日)
    *無料(要入館料)、事前申し込み制 *詳細はウェブサイトに掲載します。

    2、森村泰昌と原美術館
    原美術館では、17世紀オランダの偉大な画家をテーマに、その人生の明暗から「自我」を深く探った「森村泰昌 レンブラントの部屋」展(1994年)、20世紀メキシコ現代絵画を代表する画家の一人フリーダ カーロの人生、その愛と死を独自の祝祭的イメージで描いた「私の中のフリーダ 森村泰昌のセルフポートレイト」展(2001年)を開催しました。また、館内のトイレを作品化したユニークな常設インスタレーション「輪舞(ロンド)」が1994年に完成。時折装いを新たにしながら、現在も美術館の顔として展示されています。

    3、マネ「オランピア」から生まれた初期代表作「肖像(双子)」と新作「モデルヌ・オランピア」が競演
    初期の代表作である「肖像(双子)」(1988年)で森村は、近代絵画史に転換をもたらしエドゥアール マネ「オランピア」(1865年)を題材に選びました。マネが描いた白人の娼婦と黒人の召使を、黄色人種でかつ男性である森村が演じます。裸で横たわりつつ、視線にさらされる側から強い眼差しを返し、さらに主従の関係にも言及した「肖像(双子)」から30年後、森村は「モデルヌ・オランピア」を発表しました。若い娼婦は蝶々夫人を想わせる芸者の姿に、黒人召使はピンカートン風の西洋男性の姿に変わりました。本展では、同じくマネ晩年の秀作を原作とする「フォリーベルジェールのバー」の最新作も登場します。この3点の登場人物が複雑にからまる展示は必見です。

    森村泰昌
    1951年 大阪市生まれ、同市在住。1985年 ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を発表。以降、「自画像的作品」をテーマに制作を続ける。2014年 ヨコハマトリエンナーレ2014のアーティスティックディレクターを務める。2018年 ⼤阪北加賀屋に「モリムラ@ミュージアム」を開館。「森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき」(国立国際美術館 2016年)、「Yasumasa Morimura. The history of the self-portrait」(国立プーシキン美術館/モスクワ 2017年)、「Yasumasa Morimura: Ego Obscura」(ジャパン・ソサエティー/ニューヨーク 2018年)など国内外で個展を開催。近著『自画像のゆくえ』(光文社新書)など著作多数。2011年、紫綬褒章を受章。

    関連イベント

    [ギャラリーガイド]
    日曜には、当館学芸員によるギャラリーガイドがあります。(2:30 pmより、30分程度)

    主催・協賛・後援

    主催:原美術館
    協賛:regist ART
    協力:一色事務所、千島土地株式会社

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。