井口 信 「Seed of the world」

“ 一粒の種から ” 麻紙に岩絵具、銀箔、金箔、真鍮箔 1167×910mm 2019

“ 一粒の種から ” 麻紙に岩絵具、銀箔、金箔、真鍮箔 1167×910mm 2019

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20191101日 -  20191110
開催時間
12時00分 - 19時00分
最終日17時00分まで
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
s+arts
情報提供者/投稿者
開催場所
s+arts
住所
〒106-0032 東京都
港区六本木7-6-5 六本木栄ビル3F
最寄り駅
六本木
電話番号
03-3403-0103

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

s+arts(スプラスアーツ)より、井口信 個展「Seed of the world」の開催をお知らせいたします。

和紙に岩絵の具や箔などを用い、伝統的な日本画の技法で独自の世界を創り出す井口信は、日々の生活の中で感じた自然の美しさや畏怖、生命の輝きを動物などの形から引用し表現しています。作品を通じて、年齢、性別、国境を越えて繋がることを願い、在学時から精力的に作品発表を続け、国内外で着々と人気を高めている作家です。

井口に描かれる様々な動物や樹々はいつも、穏やかに凛とした振る舞いで画面に現れ、まるで何かを守っているような神秘的な印象を受けます。また、それらを取り巻く波紋のような渦巻きと作品全体が醸し出すマチエールからは、縄文土器や洞窟壁画のような原始芸術を想起させることが多くあります。これは、世界を構築する根源的なエネルギーや宇宙観を感じる作品を描くことを模索する井口自身の表現方法だと言えるでしょう。

本展「Seed of the world」でメインとなる作品「一粒の種から」は、宇宙がビックバンから始まり、一つの細胞から命が育まれ、一粒の種から大きな木が育っていく様子からイメージを広げた、世界が一点から樹形のように広がっていく様を表現しています。本作品を中心に、今回は絵の中にそれぞれ種から草木が育つような一つの世界が構築され、凝縮されるように制作した新作群を発表いたします。

「世界が一点から大樹のごとく広がるように、作品を見ていただいた人の中に、一つ一つの作品から物語が広がっていくことを願っています。」と語る井口信。これを機に是非ご高覧下さいますようお願いいたします。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。