内藤 絹子 越 境 Cross Border

Kinuko NAITO, 祈りの言葉 - はれもの - , 960×640mm, モノタイプドローイング, 版画インク, 墨, 和紙, ミクストメディア, 2009

Kinuko NAITO, 祈りの言葉 - はれもの - , 960×640mm, モノタイプドローイング, 版画インク, 墨, 和紙, ミクストメディア, 2009

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20191101日 -  20191201
開催時間
12時00分 - 19時00分
休み
月火水
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Gallery OUT of PLACE
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery OUT of PLACE TOKIO
住所
〒101-0021 東京都
千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda #207
最寄り駅
末広町
電話番号
03-6803-0248

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

Gallery OUT of PLACE TOKIOでは、11-12月期の展覧会として、内藤絹子 個展「越境 - Cross Border - 」を開催いたします。
内藤絹子は1970年大阪府生まれ。1995年京都精華大学大学院美術研究科修了後、2000年には VOCA展奨励賞を受賞し、以降関西を中心に国内外で作品を発表しています。版画芸術の概念を徐々に拡大させながら、転写という独自の手法を開拓。作家自身の言葉や独特の手跡を、大胆かつ繊細に表現し続けています。 今回の展覧会は、東京で6年ぶりの個展となります。壁に和紙を貼り、その上に描画や転写手法を用いて、ギャラリー空間をダイナミックに使った現場制作に取り組み、同時に数点の作品を加え発表いたします。この機会に是非ご高覧下さい。

Born in Osaka in 1970. After completing the Graduate School of Fine Arts at Kyoto Seika University in 1995, she received the VOCA Exhibition Encouragement Award in 2000. Since then, she has been presenting works in Japan and overseas mainly in Kansai. While gradually expanding the concept of print art, she developed a unique technique of transcription. She continues to express the artist's own words and unique handprints boldly and delicately. This is the first solo exhibition in Tokyo in six years. A Japanese paper is pasted on the wall, and drawing and transfer techniques are used on the wall to create a site that uses the gallery space dynamically. Please take a look at this opportunity.

Artist Statement

「壁がどんなに汚れてもいい。思いっきり描いてください」と言ってくださった...

20代の頃、大阪の下町の壁に描かれていた落書きに衝撃を受けたのがきっかけで制作を始め、これまでに《祈りの言葉》をテーマに表現してきました。落書きといっても様々ですが、無名の人々の内面が瞬時に文字や記号で赤裸々に描き残されたものに興味があります。その人が存在した場所と時間が凝縮し一体化した形跡がそこに残されます。
私にとって、日々制作しているアトリエから時には離れ、異なる場所に越境することも重要です。いつもの空間では感じ得ない別のものを、現場制作では敏感に察知し表現できるからです。私の考える越境とは、ある境界線を越えて別の世界、場所に移動することです。また従来の内面的な私の世界から、外にある未知の世界に越境することでもあります。
ギャラリーのある3331アーツ千代田や末広町、湯島、上野、秋葉原界隈を散策し、現在の東京を感じ取り、私なりの思いをギャラリーの壁面に言葉や記号で描き表現します。東京で現場制作を行うのは初めてで、どんな個展になるのかとても楽しみです。 ( 文:内藤絹子 2019年9月)

"No matter how dirty the walls are, please draw as much as you want," said the gallery owner.

When I was in my twenties, I started to work on this series because I was shocked by the graffiti on the wall of the downtown area in Osaka. The theme of the activity so far is "Words of Prayer". I'm interested in what the insides of unnamed people are drawn with letters and symbols. It is because the place and time where the person existed are condensed and their trajectory is left there.
It's important for me to sometimes leave the atelier, go to a different place, and work there. This is because if I make something outside that I don't feel in the usual space, I can detect it sensitively. For me, "Cross Border" means moving across a border to another world or place. It is also a courage to go from the traditional inner world to the unknown world outside. Stroll around Suehirocho, Yushima, Ueno, and Akihabara, feel the current Tokyo, and express my thoughts with words and symbols on the wall of the gallery. I'm really looking forward to seeing my solo exhibition as my first experience in Tokyo.
text by kinuko Naito

関連イベント

レセプション・パーティー:11月2日(土)18:00-19:30 
※入場無料 作家が在廊いたします。ぜひご参加ください。入場無料。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。