浦芝眞史写真展「スパークリング in 森」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20191116日 -  20191201
開催時間
12時00分 - 19時00分
入場は18:30まで
休み
休廊:月・火・水・木・金曜日
入場料
有料
鑑賞料:500円
作品の販売有無
販売有
子連れ
可 (小学生未満のお子様は無料で鑑賞が可能です。 必ず年齢の分かる保険証等をお持ちください。お持ちでない場合は年齢確認が出来ない為、鑑賞料が必要です。 また、作品を毀損する恐れのある行為(作品を触る、走り回ったりするなど)や、作品鑑賞の妨げとなる行為がある場合は退場頂く場合がございます。 保護者の方はくれぐれもご注意ください。)
この情報のお問合せ
【本件に関するお問い合わせ】
会社名:RIVIERE(リヴィエール)
E-Mail:info.riviere@urdarkroom.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Galerie de RIVIERE
住所
〒564-0062 大阪府
吹田市垂水町3-1-17
最寄り駅
豊津駅
電話番号
000-0000-0000

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

大阪・吹田のGalerie de RIVIERE(ギャルリ・ド・リヴィエール)は、浦芝眞史氏の個展【浦芝眞史写真展「スパークリング in 森」】を、2019年11月16日(土)から2019年12月1日(日)まで開催いたします。

【Galerie de RIVIERE コメンタリー】
浦芝氏が2015年第13回写真「1_WALL」グランプリを受賞されたのを知ったのは、2016年に東京・オペラシティで開催された「RYAN MCGINLEY : BODY LOUD !」を観終わり、館内にあった物販コーナーに立ち寄り、偶然見かけた雑誌の浦芝さんのインタビューだった。

 その2年前の2014年に私は浦芝さんと出会い、何度か言葉を交わしたことがあったものの、それまで浦芝さんの写真をあまり見たことが無かったことに気付き、浦芝氏が発表する作品に注目するようになりました。浦芝氏に招待展示のオファーを出させて頂き、ご多忙の中リヴィエールに来て下さったのが2018年9月のことでした。

 2019年5月に開催された「触彩の性」(HIJU GALLERY)から6ヵ月、2019年2度目の個展開催で新作「スパークリングin 森」を発表して頂きます。

 今作品は浦芝氏が「個人の中に存在する神様に蓋をしてしまうこと」から解放された時の「大人」の姿を捉えている作品です。
 
 私達にとっての「成長」とはどのようなことを指すのでしょうか。
周りと合わせることでしょうか。欲を抑えて自分を管理することでしょうか。
あるべき大人像に向かって自分を調整することでしょうか。

浦芝氏は「みんなが幼児の頃に持っていた純粋な欲が、人間本来の美しさのように感じるのです。今はただ純粋に、社会的な文脈から身体を解放することに興味があります。幼児の延長線上にある大人として人を捉えたいと思っています。」と今作品をつくるきっかけを教えてくださいました。

 被写体が開放的になれるよう、住んでいる場所の近郊、自然がある場所で撮影する中で、被写体の中にいる「蓋をされた神様」と浦芝氏が出会い、いきいきと弾ける様を写し出した今作品。ぜひご高覧下さい。

浦芝氏の個展を開催出来ることを光栄に思うと共に、これからも浦芝氏の作家活動を支援して参ります。

Galerie de RIVIEREは招待展示を通じて、ギャラリーとして様々な表現活動を行う作家の支援を行って参ります。

【浦芝 眞史氏 ステートメント】
スパークリング in 森

人々の間で、自分らしさを身につける。
こうあるべきという、その人らしさを剥いだとき、弾けるものを捉えたい。

主催・協賛・後援

主催:RIVIERE(リヴィエール)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。