Sumiko Honda展 Textile・・・その布の今

kawashima_lizil_201910.jpg
openstatus
あと1日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20191031日 -  20191119
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    休み
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    LIXILギャラリー
    情報提供者/投稿者
    株式会社川島織物セルコン
    開催場所
    LIXILギャラリー
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋 3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-5250-6530

    詳細

    展覧会内容

    Sumiko Honda は“日本の四季を愛でる”をテーマにテキスタイルデザイナーの本田純子が手掛けるファブリックブランドです。
    3回目を迎える今回の Sumiko Honda 展では、本田のモノづくりのテーマである四季にフォーカスし、7つのカラーをテーマに四季の移り変わりを表現します。

    本田は、企画・デザインから織物設計までを自らが手がける、数少ないテキスタイルデザイナーです。織物の仕組みがわかる本田だから成しえる繊細な表現が高い評価を受け続け、多くのファンを持つブランドに成長しました。また近年、ご要望の多かった小物の製品化へも踏み切り、販売を始めました。今回はその Sumiko Honda のファブリックを採用したトートバック、ペンケースなどの小物も併せて紹介・販売します。
    デザイン・色・糸・織すべてにこだわり、生活に潤いと彩りを提供するファブリックブランド Sumiko Honda の魅力を是非ご覧ください。

    ■デザイナープロフィール■
    本田 純子(ほんだ すみこ)
    川島織物セルコンのインハウスデザイナー。
    米国国立スミソニアン協会の所蔵となるファブリック設計を手掛けた実績を基に、1998年に「Sumiko Honda」ブランドを発表。季節の移ろいや陰影、自然の美しさからインスピレーションを得て手描きでデザインする。日本の伝統と西欧のモダンさを併せ持つデザインと、豊かで繊細な色彩と風合いを生むファブリックは、彼女の得意とするハイレベルな「織設計」技術によって表現され、高い評価を得ている。2006年にはホームデコレーションの見本市「メゾン・エ・オブジェ・エディトゥール」(パリ)へ招へいされるなど、その評価は日本国内にとどまらず、海外にも広がっており、コレクションの拡充と飛躍を目指し、毎年、新作を発表、挑戦を続けている

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。