北斎没後170年記念 北斎 視覚のマジック小布施・北斎館名品展

北斎没後170年記念 北斎 視覚のマジック小布施・北斎館名品展
タグ
  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20191119日 -  20200119
開催時間
9時30分 - 17時30分
入館は17時00分まで
休み
月、年末年始(12月29日(日)~2020年1月1日(水))
※2020年1月13日(月・祝)は開館、翌1月14日(火)は休館
入場料
有料
一般1,200 円<960 円>、高校生・大学生900 円<720 円>、中学生400 円<320 円>、65 歳以上900 円<720 円>、障がい者400 円<320 円>
※< >は団体料金 ※団体は有料のお客様20名以上。 ※小学生以下は無料。 ※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。 ※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。 ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の1名まで障がい者料金でご覧いただけます。(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、 AURORA(常設展示室 )もご覧になれます。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
墨田区・すみだ北斎美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
すみだ北斎美術館
住所
〒130-0014 東京都
墨田区亀沢2-7-2
最寄り駅
両国
電話番号
03-6658-8936

詳細

展覧会内容

信州小布施から北斎晩年の傑作「鳳凰」「男浪」がやってくる!

葛飾北斎没後170年を記念し、2つの北斎の専門美術館、長野県の小布施・北斎館と当館で交換展を行います。北斎館は、北斎が晩年に訪れた小布施町に昭和51年に開館しました。

本展では「北斎 視覚のマジック」と題し、構図や形に不自然な構築的要素を加えているにも関わらず、不自然さを感じさせない作品を制作した北斎の魅力に迫ります。

初期から晩年に至る肉筆画をはじめ、代表作「冨嶽三十六景」の錦絵など、北斎館所蔵の作品約130点が一堂に館外で展示される珍しい機会です。

ふだんは小布施・北斎館でしかみられない北斎の名品を、すみだ北斎美術館でご堪能ください。

関連イベント

■講演会「北斎と小布施、そして北斎館の名品」
 講師:安村敏信(北斎館館長)
 日時:12月7日(土)14:00~15:30(開場13:30)
 定員:60名
 場所:MARUGEN100(講座室)
 参加料:無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です)

■スライドトーク
 日時:12月15日(日)、1月11日(土)
    14:00~14:30(開場13:30)
 講師:竹村誠(当館学芸・教育普及担当)
 会場:MARUGEN100(講座室)
 定員:60名
 料金:無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です)

主催・協賛・後援

主催:墨田区・すみだ北斎美術館
協力:北斎館

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。