「顕れ」/‘Emergence’

「顕れ」/‘Emergence’
openstatus
あと18日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20191106日 -  20191206
    開催時間
    10時00分 - 15時00分
    閉廊16時00分 ※1時間ごと事前メールでの予約制(当日予約は不可) ※空間内は1人のみでの鑑賞となります。 ※予約は基本1人1時間ですが、やもえず場合は3人まで受付可能。(1時間内で交互に入場していただきます) 申し込み:kurenboh@nifty.com
    休み
    土~火
    入場料
    有料
    賽銭制
    この情報のお問合せ
    空蓮房 東京都台東区蔵前4−17−14 長応院内
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    空蓮房
    住所
    〒111-0051 東京都
    台東区蔵前4-17-14 長応院内
    最寄り駅
    蔵前
    電話番号
    -

    詳細

    展覧会内容

    「Esの顕れは疎外を転倒させる」小平雅尋

    「見ることの作法」

    善悪のような二元論的な見方をして何が決着すると言うのだろうか。無分別智の境地で物を見ることは、そうした判断ではなく自他を超えた発見につながる。それは、確定的な存在でもなくむしろ浮遊感に似た悦楽かもしれない。
    釈迦は悟りを得た後、その悦をしばし楽しんでいたと言う。認識と存在の問いの向こうに悦があるのだ。自分は他者であり、他者は自分である現象に不確定な悦があると言うのだ。
    作品と向き合う瞬間から問いと悦びが立ち現れることを願う祈りが見ることの作法であると思うのだ。
    作品とは正に釈迦が弟子の前で手に持って見せた一蓮の花のようでもある。
    空蓮房

    How to See
    What can be understood from having a dualistic view like good and evil? Looking at things on the border of knowable and unknowable leads to discoveries beyond the self, and beyond such views. An existence like this may not be defined but is perhaps an enjoyable and floating existence.
    It is said that for a while after Buddha reached enlightenment, he enjoyed it. There is enjoyment beyond the questions of recognition and existence. And, there is an indefinite enjoyment from the phenomenon of the self merging with the other.
    I think that the way to see a photograph is to pray for happiness to come forth during that moment of questioning when facing a work.
    Masahiro Kodaira's photograph makes me think about the necessity of this method of viewing.
    A piece of art is just like the lotus flower that Buddha held up in front of his disciples to convey the ineffable nature of suchness.

    Kurenboh

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。