山内雅裕「F o c u s」

《温室のハレーション/そーっと運んで隠れる》2019 年,455mm×333mm,キャンバス、油彩、油彩転写

《温室のハレーション/そーっと運んで隠れる》2019 年,455mm×333mm,キャンバス、油彩、油彩転写

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20191102日 -  20191124
開催時間
13時00分 - 19時00分
最終日17時00分まで
休み
火・水・木
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
bgm gallery and shop
情報提供者/投稿者
開催場所
bgm gallery and shop
住所
〒600-8114 京都府
京都市下京区早尾町313-3 五条モール1F 102
最寄り駅
清水五条
電話番号
-

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度、bgm gallery and shop では、京都で活動する山内雅裕の個展「Focus」を開催します。

自ら撮影した写真を編集ソフトで加工したものをモチーフにキャンバスに油彩で風景を描き、その上に普段から描きためているドローイングを油彩転写します。

「光を感じる緩い輪郭の風景の上に、モチーフはユニークでありながら哲学的構成のドローイングを描きます。絵の中で焦点を変えたり視点を分散させる要素を取り入れていますので、見ることの楽しさを感じていただければと思っています」

ひとつずつはシンプルな中にいくつもの工程を経るという複雑な要素を入れ込むことはまた制作の愉しみにもなっています。モチーフとして使用する写真は客観的ですが、これを風景画として筆で描くという制作スタイルは主観的です。ドローイングもまたイメージをデフォルメし、紙にペンの線で描き出すとても主観的な作業ですが、その裏に絵の具を
引き線をなぞって転写させるので、ハンコや版画のような客観的な作業になります。

「今回のドローイングでは仙厓の禅画からヒントを得た形で自分なりの解釈で捉えています。また動物に人の暮らしの動きをさせるというおもしろみを1 枚の絵の中でアニメーションさせるような試みもしています。これは鳥獣戯画からの影響であると思います」

ドローイングを油彩作品にどのように反映させるかをここ最近、試行錯誤してきたという山内。そのプロットを用いた作品をどうぞお楽しみください。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。